個人旅行の手配方法

僕は海外旅行に行くときツアーを使わず個人で計画します。個人で旅行したことがない人は何をすれば良いのかわからないと思いますので、僕の方法を紹介します。

僕もまだプロではないのでさらに良い方法があると思いますので教えていただけるとありがたいです  笑。

スポンサーリンク
パソコン用

旅行前

行先が決まると航空券を購入し、地理を頭に入れ、ホテルを予約します。

航空券予約

Skyscanner

トラベルコ

この二つくらいをチェックすれば十分だと思います。

僕はよくトラベルコを利用しています。

トラベルコに限らず航空券の比較サイトでは知らない旅行会社の航空券を買うことになりますが、予約さえできれば問題ないです。

格安航空券は基本、購入後に入力ミスがあったり、日程変更をしたくてもできませんので慎重に入力してください。

Skyscannerではかなり前に予約すれば安いらしいですが、僕は直前に旅行先を決めることが多いので1,2ヶ月前にしか予約したことがありません。

トラベルコの場合、それくらいの時期の方が安いことが多いです。値段は日々変化しているので納得できる金額の時に即座に購入した方がいいです。

Skyscannerはどの日が安いのか調べることができるので便利です。その調べ方を今まで知らなかったのでトラベルコを使っていました。

両方ともLCCのセールは反映していないので、セールで購入したい方は各航空会社のサイトでチェックした方がいいです。

マイレージカード作成

JALクレジットカード

ANAクレジットカード

楽天ANAマイレージクラブカード

JALとANAのマイレージカードは最低でも作った方がいいです。

海外旅行になると国内旅行と違い、かなりマイルをもらえます。正規航空券だと実際のマイルの100%で計算されるのですが、格安航空券だと50%で計算されると思います。実際、僕は50%加算にしかなったことがありません。

例えば、関空からアイルランド往復だと12000マイルくらいなので格安航空券だと50%計算なので6000マイルくらいたまります。

ANAやJALの飛行機に乗っていなくても、提携している航空会社の飛行機に乗れば加算されます。

ANAとJALのマイレージカードを作っておけば70%くらいの飛行機はカバーできるのでお得です。

クレジットカードにするかマイレージカードにするかはどっちでもいいと思いますが、クレジットカードの場合、年会費がかかりますがその分マイルが増えたりしますので一概にどちらがいいとは言いにくいです。。学生なら年会費無料なのでクレジットカードを選択した方がいいと思います。

ですので、年会費を払いたくない人は年会費無料のマイレージカードのみ持つのもありだと思います。

楽天ANAマイレージクラブカードだと、楽天カードの機能とANAマイレージカードの機能が付いています。マイルの加算は付いていませんが、年一回利用で年会費無料なので楽天カードとANAマイレージカードが欲しい場合は作るといいと思います。

ホテル予約

Booking.com

Airbnb

最近はAirbnbしか利用していません。

ですが、やっぱり現地の人の家はちょっと抵抗がある方はBooking.com(ブッキングドットコム)をお勧めします。

Airbnbを使う前まではこれでホテルを予約していました。

何より口コミが重要なので星8以上あれば文句なし、最低でも7は欲しいところです。

ホテルの写真とかより評価重視です。写真は画像次第でどうにかなるのであてにならないことも多いです。

中にはキャンセル無料のものもありますが、キャンセルできないものより高いことが多いです。

ホテルの所在地の確認にはGoogleマップを使って所要時間を調べたり、ホテルのサイトに書いてあることもあるので大体の位置は把握できます。

あと、エクスペディアなどを用いて航空券とホテルをセットで予約することも可能ですが僕は移動が多くホテルを転々と移っていくスタンスなので使ったことがないです。

一つのホテルを拠点に観光する方にはいいかもしれません。



ちなみに日本国内はじゃらんを使っています。

ガイドブック

地球の歩き方

ネット上のブログ

僕は一応Kindleで地球の歩き方を購入しています。

旅行前にちょっとは読んだりしますが、基本は飛行機の中で読んでいます。

この本はあくまで補助的な感じですが、買うならKindle版をオススメします。街中で本で見ていると日本人丸出しですが、Kindle版なら携帯性もよくスリにも合いにくいはずです。

本当にガイドブックを街中で開いて歩くのは危険すぎます。スリに狙ってくださいと言っているようなものです。せめてKindle版をスマホで見るくらいにしておくべきです。

マイナーなところに行くときには特にブログをチェックします。かなり古いものはあてになりませんが、最近のものがあればラッキーです。行きたいところはブログに上がっていることがほとんどですので、必ずチェックした方がいいです。

ブログに上がっていないようなところに行く場合は語学も必要なると思います。

海外旅行保険

損保ジャパンとかのやつです。

ネットで申し込んだ方がかなり安くなるのでお得です。

以前は僕も加入していましたが、最近はクレジットカードの保険のみで行っています。

こればっかりは自己責任です。

保険会社の売り文句は入ってないと海外の医療費は高額でもしもの時に多額の請求がくるとかです。

実はこれアメリカの場合です。

アメリカは医療が充実していないので、治療の際に移送する可能性が高いからです。それで治療費が高くなるのでアメリカに旅行する方は加入を強く勧めます。

そのほかの地域で高いのはヨーロッパですが治療補償が300万円〜500万円くらいあれば十分でしょう。

REXカードとエポスカードの組み合わせ(両方自動付帯)。

くらい持っていれば個人的に十分だと思っています。

アジアとかは治療費が安いので治療補償が300万円もあれば十分すぎます。

まあ、一週間くらいの海外旅行なら4000円くらいなので払った方が安心できるとは思いますが。

ちなみに僕はアメリカに行く時以外は入りません。



レストランの見つけ方

トリップアドバイザー

現地でのレストラン探しはトリップアドバイザーを使っています。これで口コミの評価が高いところに行くようにすればまずいところやぼったくられる可能性はかなり低くなります。



まとめ

個人手配の海外旅行のことを書いて見ました。

めんどくさそうに思えますが、一度慣れてしまえばそんなに苦労することなく海外旅行をすることができます。

スポンサーリンク
パソコン用
パソコン用