世界で一番売れているボードゲーム『カタン CATAN』をやってみた

アイルランド留学中、暇だったので友達とボードゲームをやってみました。

それがカタン。

 

今まで人生ゲームくらいしかボードゲームをやったことがなかったのですが、ルールが簡単なので初心者でも楽しめました。

 

3人でやると大体1時間くらいで終わりますので、暇つぶしにもってこいです。

 

カタンはダブリン市内でも普通に買うことができるので友達作りに悩んでいる人はぜひ試してみて下さい。

 

スポンサーリンク

カタンとは

Wikiから

無人島を複数の入植者たちが開拓していき、もっとも繁栄したプレイヤーが勝利するというテーマのボードゲーム。

ということです。

 

カタンの特徴を挙げていきます。

 

 

ルールがシンプル

得点が10点になったプレイヤーの勝利。

家を作れば1点、都市化すれば2点などなどそこまで難しくないゲームなのが売りなので1回すればほぼルールは頭に入ると思います。

 

 

頭を使うゲーム

シンプルなゲームですが頭は使います。

 

都市化するか道を作るか発展カードを引くかなどあらゆる可能性を考えるので飽きないです。

 

人生ゲームは何回もしているとほとんどのイベントを知っているという状態になるので、ほぼ人生を知っている悲しいパターンになります。だから、リピーターが少ないのだと思います。

 

カタンは相手プレイヤーとの駆け引きがメインなのでそういった情況に陥りにくいです。

 

 

自分のターン以外でも退屈しない

人生ゲームだと他人のターンって暇ですよね。

でも、カタンは相手ターンでも出た目によって資源が手に入ったり、交渉を受けたりするので暇にならないです。

 

仲良くなる手段に

資源の交渉をするために自然と会話をするので知らない人でも自然と仲良くなれます。

友達作りの手段にもいいかもしれません。

 

スタンダード版だと最大4人でできます。

 

 

 

1回1時間くらいでできる

何時間も続くとしんどくなってきたり、結果が見えてきて退屈になってくるかもしれませんがカタンなら1時間くらいで1ゲームが終わるのでそこまで嫌にならないと思います。

 

 

購入方法

アマゾンで購入するなら3000円以下くらいで売っているみたいですね。

 

 

ダブリンなら€40〜50くらいが相場みたいです。

 

日本のアマゾンって本当に安いですよね。

 

まとめ

留学先でカタンをいかがでしょうか?

結構楽しめますよ。

コメント