ベオグラードからソフィアへバス移動

セルビアの首都ベオグラードからブルガリアの首都ソフィアにバス移動したときの記録です。

スポンサーリンク
パソコン用

ルート

ベオグラード(Belgrade)のバスターミナルからソフィア(Sofia)のバスターミナル

途中ニース(Niš)で乗り換えがありますが通しのチケットなら係員の指示に従うだけです。

ブルガリアに入るときにはパスポートチェックがありますが、目的地は?と聞かれただけでしたので1人1人にかかる時間は短いですが乗客全員が終わるまで待たないといけません。

ベオグラードのバスターミナル

綺麗とは言い難いですが、割と大きめのバスターミナルです。

出発するときは下記の場所ですが、到着時(バイナバシュタから)は少し離れたところでした。

ソフィアのバスターミナル

すぐ近くに地下鉄があるので中心地に行くのに便利でした。

時刻表

僕が行った時期は2017.11中旬でしたがあったのは1日2便だけ

深夜 00:45発  到着時間は不明

昼 12時30分発 21時着

ベオグラードのバスターミナルに貼っていた時刻表です。

金額

2490 RSD(学割 2170 RSD)

実際に行ってみた

ベオグラードのバスターミナル出発(12:30)

オンラインでは購入方法がないみたいだったので、2日前に昼の12時30分発のチケットを窓口で買い、小さなコインを受け取りました。

このコインがバス乗り場に入るときの引換券みたいなものらしい。

当日、12時20分くらいにバスターミナルに到着すると、そのコインでゲートをくぐり指定されたバス乗り場に行きました。

注意点としては、当日購入はやめたほうがいいと思います。たぶん乗れません。

席は満席で何人か乗ろうとしたけど、追い返されていました。大きな荷物を持った人もいましたので乗れないとやばい的なことを言い運転手と結構激しく口論してましたが、結局乗れず。満員ですからね。事前に購入しとけって話ですけど 笑。

席は決まっていましたが、横の人の切符は全然違う席だったのであんまり関係ないみたいです。

Nis 到着(15:45)

ここでバス乗り換え。

係員が窓口でパスポートを見せてから違うバスに乗るように促しているのでそれに従います。

乗るバスは係員がソフィアソフィアって言ってるのでわかると思います。

このバスは比較的空いていたので当日購入も可能みたいでした。nisまでが満席だっただけですね。

バスの座席は一応指定ですがどこに座っても問題ないです。僕は律儀にルールを守る人に注意されて違う席に移りましたが 笑。その席も僕の指定された席じゃないですけどね。

パスポートチェック

セルビアとブルガリアの国境でパスポートチェックのため全員降ろされ、寒い中一人一人パスポートチェックをされました。

僕の時はブルガリアのどこに行くの?と聞かれただけでしたが、全員が終わるのに30分以上かかった気がします。

ソフィア到着(21時くらい)

無事にソフィアに到着しました。

まとめ

バスはWifiが使えないので、現地Simを買うなりして時間つぶし(9時間もあるので)をしたほうがいいと思います。僕はセルビアの時はセルビアで買った現地Simを使い、ブルガリアに入ってからアイルランドで買ったEU圏内で使えるSimを使ってネットサーフィンをして時間潰していました。

スポンサーリンク
パソコン用
パソコン用