コンパクト!LUSHのシャンプーバー(固形シャンプー)は旅の必需品!

長期旅行をしているとシャンプーやトリートメントの持ち運びや保管に困ります。液体だと飛行機で移動するときに没収されたり、さらにシャンプーとトリートメントを分けていたりするとかさばるので邪魔になります。

僕も最初は液体のシャンプーを使っていましたが、邪魔になってきたのとカバンの中で開いてしまったらどうしようと思い固形シャンプーに変えました。ちなみにトリートメントやボディーソープは使わず、シャンプーで体も洗っていました。

僕が固形シャンプーのことを知ったのはボスニアのLUSHでシャンプーを探していたときです。店員さんに固形シャンプーがあったらいいなと話していると普通に紹介してくれました。

スポンサーリンク
パソコン用

LUSH(ラッシュ)とは

イギリスのドーセットに本社を置く化粧品、バス用品メーカーの多国籍企業である。自然素材を多用した色彩豊かな製品を取り扱い、2010年現在43ヶ国に650の店舗を持つ。

Wiki参照

シャンプーバーとは

丸型の固形のシャンプーで、ショートヘアなら80回くらい使用できると言われています。これだと持ち運びや保存に便利なので旅行にぴったりです。

ただ、使用後は湿気のあるところに置いておくと溶けてしまうので乾燥させて専用のケース(別売)か他のケースに入れておかないといけません。

バスルームにそのまま置いておくのは危険かもです。

使用方法(LUSH推奨方法)

①髪とシャンプーバーの両方を濡らす。

②お好みで

A、シャンプーバーを直接髪へ

B、手でシャンプーバーを泡立てて髪へ(髪や頭皮の弱い方には手で泡立ててからのご使用をおすすめします)こすればあっという間にモクモクと泡が。お好みの泡立ちになるまで数回こすってください。

③リキッドシャンプーで洗髪する時のように、頭皮と髪をマッサージ。

④すすいだ後は、お好みでコンディショナーを。

⑤次回の使用に備えて、シャンプーバーは外気で乾かしてから缶などのケースにしまいましょう。

ちなみに僕はBの方法で使っています。Aの方法だと消費が激しい気がしたので。

シャンプーバー缶

シャンプーバーがぴったり入るケースです。

たまに開けにくいというレビューがありますが、それは昔のことで今は簡単に開けれますのでオススメです。

入れてみるとちょっと溢れました。

僕のオススメは2in1シャンプー

レディゴダイバ Godiva

2in1のシャンプーバー。黄色のが特徴です。

やっぱりコンディショナー不要なのが嬉しい。

トライコマニア Trichomania

シャンプーバーではないのですが、コンディショナー不要です。もちろん個人差があるので一概には言えませんが、一般的に。

僕が使っているもの

ハニー アイ ウォッシュド マイ ヘアー Honey I Washed My Hair

ボスニアで購入した時に店員さんに2in1シャンプーなのでと説明されたのですが、2in1ではないみたいですね 笑。あの説明はなんだったんだ? 紛失した後、ハンガリーでも購入しましたがその時の店員さんも2in1と言っていました。日本とは仕様が違うのかな?

でも、僕はこれで全身を洗っているので旅行中はこれ1個で全て対応しています 笑。

もちろんシャンプーバー缶も同時購入して、今でも旅行中は使っています。

使用後、ドライヤーである程度乾かしてシャンプーバー缶に入れていますが問題ありません。

さらにLUSHは世界中にあるのでなくなればどこでも購入できるのがありがたいです。

→以前使っていたのですが、失くしたので今はレディゴダイバを使っています。

失くすのは2回目で、なぜか失くしてしまいます。

まとめ

旅行に限らず、家で使うのもいいと思いますが荷物を減らしたい旅行者には重宝します。

一度お試しあれ。

公式ホームページ→LUSH

スポンサーリンク
パソコン用
パソコン用