ミライノカードゴールドの海外旅行保険はバケモノ級の補償内容!

SBIカードが廃止になり、新たに住信SBIネット銀行が発行するミライノカードが生まれました。SBIゴールドカードの海外旅行保険は利用付帯だったこともあり長期旅行者には愛用の1枚でしたが、今回のミライノカードゴールドは一般の旅行者(3ヶ月未満の海外旅行)にとっては十分すぎるくらいの補償内容となっています。

ちなみに年会費は3000円ですが、年に100万円以上使えば無料です。

 

スポンサーリンク

補償内容

本会員家族会員*1
死亡・後遺障害保険金最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療保険金最高500万円最高250万円
賠償責任保険金最高5,000万円最高2,500万円
携行品損害保険金最高50万円

*2(1旅行・1年間)

最高25万円

*2(1旅行・1年間)

救援者費用保険金 / 保険期間中最高300万円最高150万円
  • *1
    対象となる家族の範囲は以下の通りです。
    ①カード本会員の配偶者
    ②カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
    ③カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
  • *2
    携行品1つ(1点または1対)あたり10万円を限度として時価額または修繕費のいずれか低い額をお支払します(3,000円自己負担)

 

傷害治療補償額500万円!

一般的なカードだと200万円あれば充実していると言えますが、ミライノカードゴールド は2.5倍の500万円!年会費3000円でこんなすごいカード他にはありません。

 

家族も補償

条件はありますが家族も補償されます。補償額は半額ですが一般のカードの本会員並みの補償額です。

補償範囲は配偶者、子供、同居の親とほぼ満足できる内容だと思います。

 

自動付帯保険

ショッピングなどで利用しなくても海外旅行に行けば、勝手に有効になりますので便利です。別に日本に置いていっても問題ありません。

 

住信SBIネット銀行利用者はお得

住信SBIネット銀行に口座を持っている人なら月の振込手数料無料回数が増える可能性が高いです。

 

そんなことより住信SBIネット銀行は便利すぎるので開設した方がいいと思います。

僕はメインバンクとして利用しています。

 

JCBしかない

アジア圏では使えるところはありますが、海外ではほぼ使えません。高級デパートなど日本人の富裕層が行くところなら使えますが。

海外でショッピングするときは別のカードを使ったほうが良さそうです。

 

 

還元率は普通

住信SBIネット銀行を経由すれば1%の還元率なので、楽天カードとかと同じで普通です。

ただ、最低1000ポイント貯めないと1%還元できない(住信SBIネット銀行経由の場合。普通の還元だと0.5%)ので微妙です。

ただ、現金に換金できるので悪くはないです。

 

海外旅行保険はこれ1枚で大丈夫?

アメリカ以外なら大丈夫だと思いますが、確率の問題じゃないので補償額は大きいほうがいいですが僕ならこれ1枚で行くと思います。

さらに他にもクレジットカードを持っていれば、死亡・後遺障害保険金以外は合算できるのでかなり補償額をあげることができます。

合計で1000万円とかになっていればアメリカでも特に問題ないかなと思います。

 

アメリカだけは注意してください。

 

まとめ

1年に2回以上(家族なら1回以上)海外旅行に行く場合は作る価値は大いにあると思います。まあ、あくまで海外旅行用なのでショッピングは別のカードで決済したほうがいい気がしますが。

 

公式ホームページ→ミライノカード GOLD

コメント