長蛇の列!ドンムアン空港で入国審査を早く済ませる方法

これは出国の際のチェックインカウンターに並ぶ人の列。入国も時間がかかりますが出国も時間がかかります。

 

バンコクには2つ空港があって、一つは綺麗で新しいスワンナプーム空港。もう一つがドンムアン空港です。

ドンムアン空港はLCC専用の空港ということもあって、あまり綺麗ではありませんが安くバンコクに来ようと思うとこちらの空港を使うことになると思います。

 

僕は3回ほど利用しましたが、いつも入国審査のところが長蛇の列です。

 

だいたい1時間は軽く待つと思っておいた方がいいと思います。

 

友達は深夜に到着して5時間待ったこともあるそうです。

 

しかし、うまくすると少しは早く審査を終えることができますのでその方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

大切な心得

アセアンのレーンの次に外国人のレーンがありますので外国人のレーンに並んでください。

 

とにかく早く入国審査に並ぶ

ほんとこれに尽きます。

みんなもたもたしすぎ。

 

トイレなんて後回し。

 

走ってもいいくらいです。

 

自分の乗ってきた便で1番くらいに並ぶと30分〜1時間くらい早くなります。

 

 

ペンを機内に持ち込んでおく

アライバルカードというタイに入国するときに書かないといけない紙があるのでそれを機内で書くためにペンは持って行ったがいいです。

 

その紙は乗務員さんが機内で配布してくれます。

 

ペンを忘れたなら乗務員さんや隣の人に借りましょう。

 

寝ているともらえないことがあるので周りが持っていて自分が持っていないときは乗務員さんに言って紙をもらってください。

 

 

アライバルカードは機内で完璧に記入しておく

空港に着いてから机で書いているとそれだけでかなり遅れをとります。

 

ホテル住所を書かなといけないので事前にスクリーンショットをとっておくと便利です。

 

書かないと入国できませんのでご注意を。

 

別に実際に泊まるとこでなくても問題ないので、宿泊場所を決めてない場合はどこかのホテルを書いておけば大丈夫です。

 

書き終わってなければ列に並びながら書く

もし、もたついて機内で書き終わっていない場合はとりあえず列に並びましょう。

 

絶対に机で落ち着いて書こうなんて思わないでください。

 

その判断で1時間くらい遅れをとります。

 

パスポートを下敷きにすれば立ってでも簡単に書けますのでとりあえず列に並びましょう。

 

まとめ

裏技はありませんが、これをするだけで1時間も早くなると思ったらやるしかないです。

僕はドンムアン空港はもう使いたくありませんが、使うときはこの方法を実践しています。

コメント