【アルバニア】ジロカストラでSimカード購入、各社比較。契約に手こずった理由。

ギリシャの次はアルバニアに行きました。

アルバニアはEUではないのでEUデータローミングが出来ないので新たにSimカードを購入する必要があります。

 

メテオラからイオアニアを経由してジロカストラというアルバニアの世界遺産の街に滞在しました。この街は大きな街ではありませんでしたが主要な携帯会社は全てありボーダフォンなんて1km内に3店鋪くらいありました。

 

物価の安い国なので500円くらいで購入できますが、滞在日数が少ない方は不要かもしれません。

 

今回は時間があったので各社の値段調査もしました。

 

1 lek=1 円くらいなので計算しやすいです。

スポンサーリンク

主要な会社

  • ボーダフォン(Vodafone)
  • T-Mobile
  • ALB-Telecom

 

ボーダフォンが1番大きいです。

2番目がTモバイル。

 

各社比較

Vodafone(ボーダフォン)

短期プラン

金額:500 lek

容量:1GB

有効期間:1週間

 

長期プラン

金額:1100 lek

容量:6GB

有効期間:1ヶ月

 

T-Mobile(Tモバイル)

短期プラン

金額:500 lek

容量:1GB

有効期間:1週間

 

長期プラン

金額:1300 lek

容量:6GB

有効期間:1ヶ月

 

ALB Telecom(Eagleが吸収されて名前が変わりました)

低容量プラン

金額:500 lek

容量:2GB

有効期間:1ヶ月

 

高容量プラン

金額:1000 lek

容量:10GB

有効期間:1ヶ月

 

僕が選んだのはボーダフォン

1週間未満の滞在だったのでボーダフォンの短期プランにしました。

500円なのでコスパもよし、容量は1GBですが1週間なので十分です。

 

パスポート必須ですので持参してください。

 

だいたい10分くらいで契約が完了し使用できるようになりました。

 

ALB Telecomはなぜか使用できなかった

上記のプランを見てもらうと一番コスパが良いのがALB Telecomの2GBプランです。

もちろん僕も最初に購入しました。

 

でも、なぜかインターネットに繋げませんでした。

 

店員さんも頑張ってくれましたが、翌日まで待ってもどうにもならず無理だったので返金してもらいました。

 

僕のスマホはiPhone SEなのですが、こんなことになったのは初めてでした。

 

別のお客さんのアンドロイドスマホにSimを入れさしてもらいましたがこれも無理でした。

 

普通、iPhoneならSimを入れた瞬間APNが自動で設定されるのですがこのSimでは設定されていなかったのでこれが原因かと思いましたが不明です。

 

マイナーすぎてプロファイルがいるのか!?とも思いましがさすがに考えすぎですよね。。。

 

SMSは受信できていました。

 

もし、アルバニアでSimを購入する場合はALB Telecomは避けた方が無難かと思います。

 

まとめ

アルバニアは思ったより英語を話せる人がいて簡単に契約できました。

店員さんがわからない場合はお客さんで喋れる人を見つけてくれて通訳をしてもらっていました。アルバニアは親切な人が多い印象です。

コメント