アイスランドの穴場スポット!Glýmur(グリームル)のトレッキングは絶景すぎる!

アイスランドは自然の宝庫ですが、その中でもGlýmur(グリームル)の滝は格別でした。一応滝が観光スポットになっていますが、頂上から見る渓谷が一番の絶景スポットです。

 

ただ往復3、4時間くらい歩くことと多少濡れてもいい覚悟が必要ですが、レイキャビクからも近いのでオススメの観光地です。

 

スポンサーリンク

場所

レイキャビクから車で1時間くらいなので駐車場までのアクセスはしやすいです。

 

所要時間

3時間は最低かかります。

 

僕らは17時からスタートして写真を取りながらゆっくり歩いて3時間半くらいかかったので帰って来たのは20時30分くらいでした。

そこからレイキャビクに移動したので宿に着いたのは22時くらいでした。

 

 

ハイキングコース

最初はこんな↓感じのなだらかな道を歩くだけです。

 

丸太を渡る

増水していたので靴を脱いで裸足で丸太を渡ります。

このワイヤーが命綱の役割のようです。

 

 

急な道を登る

急山道が続くので張られているロープを使って登っていきます。

 

綺麗な風景

登って行くと徐々に絶景に近づいてきていると感じます。

 

滝が見えてきた

ここまで来れば滝が見えてきますが、滝よりすごいのはここから見る渓谷。

この辺まで来れば滝より渓谷の方が絶景ということに気づきます。

 

綺麗な渓谷

 

 

絶壁から落ちる滝

柵なんてないので近くまで行けますが、断崖絶壁なのでめっちゃ怖いです。

 

 

ここからは帰路

帰り道ですが、引き返すか進むかです。

 

僕らは同じ道を帰るのが嫌だったので進みました。

進む場合はこの川↓を渡らないといけません。

 

普通の川ですが、めっちゃ冷たいです。

もう冷たいというより痛いレベル。

 

ただでさえ外気が10℃くらいのアイスランドなのに川の冷たさは尋常じゃないです。

 

さらに石がめっちゃ滑ります。

 

この写真に写っている人たち、この後派手にこけてました。

 

でも、マジで笑えないくらい滑りました。

 

相方はスカートにタイツという山登りを舐めたような服装をしていましたが、果敢にタイツのまま川を渡っていました。もちろん、スカートもタイツもずぶ濡れです 笑。

 

叫ぶほど冷たい川を渡りきるとこういう何もないところ↓を歩いていきます。

 

あとは進んで行くだけです。

 

普通の道も滑りやすいので要注意です。

 

相方は派手にこけていました。

 

必要なもの

  • 滑らない靴
  • 濡れてもいい服装

 

ロープを両手で持ったりするので手持ちの荷物はない方がいいです。

 

滑るし濡れるし大変ですがその分絶景が待っています。

 

僕の写真より実物の方が断然綺麗です。

 

写真ではここの良さは伝わりにくいです。

 

まとめ

アイスランドに来たらここは必須ではないでしょうか?

レイキャビクから近いので3時間のハイキングをして是非絶景を見てください。

コメント