アルゼンチン観光にかかる費用やら滞在日数などの情報

アルゼンチンは北から南まで満喫できてとても楽しかったです。

観光資源は多いし、ご飯は美味しいし、他の南米の国より英語は通じるし、人も親切だったので僕的には南米で一番好きな国です。

 

僕は3週間くらい滞在しましたが、効率よく行けばもう少し短くできますが情報がネット情報が少ないので良くわかないですよね。

 

僕も困ったので出来るだけ詳しく紹介します。

 

1アルゼンチンペソ=3円くらいですが、よくデフォルトを起こすので行く時期によって価値がめちゃめちゃ違います。ちなみに2018年8月に価値が半値になってますし、過去8回もデフォルトを起こしているヤバイ国です。

 

スポンサーリンク

行った場所

パタゴニア(ペリトモレノ氷河、フィッツロイ)

ブエノスアイレス

ウマワカ渓谷(7色の丘プルママルカ、14色の山オルノカル)

サリーナスグランデス

イグアスの滝

 

費用内訳(19泊20日)

23,408.17ペソ+24477円+10ドル=97,500円

 

移動費

航空券

エル・カラファテ→ブエノスアイレス

10,389円

 

ブエノスアイレス→サルタ

6749円

 

合計

17138円

 

バス

プエルトナタレス→エルカラファテ

17000チリペソ(2800円)

 

エルカラファテ→エルチャルテン

800ペソ

 

エルチャルテン→エルカラファテ

720ペソ

 

エルカラファテ市内→空港

150ペソ

 

Sube

60 ペソ

 

チャージ

100 ペソ

 

サルタ→フフイ

200ペソ

 

フフイ→プルママルカ

85ペソ

 

ティルカラ→プルママルカ

20ペソ

 

プルママルカ→ウマワカ

65ペソ

 

ウマワカ→フフイ

130ペソ

 

フフイ→サルタ

200ペソ

 

サルタ→プエルトイグアス

1886ペソ(セミカマ、20%適用後)

カマの場合は200ペソ追加

 

プエルトイグアス⇄イグアスの滝

260ペソ

 

合計

4676ペソ+2800円

 

 

宿

10/3-5 1165.29/3泊(Rancho Grande):エルチャルテン

10/6-10/9 1130.58/4泊(Folk Hostel):エルカラファテ

10/10 370(Meridiano Hostel Boutique):ブエノスアイレス

10/11 10ドル(Malala Hostel):ブエノスアイレス

10/12-13 3539円/2泊(Airbnb):ブエノスアイレス

10/14-15 600ペソ/2泊(Ideal social hostel):ブエノスアイレス

10/16 空港泊

10/17 350ペソ(La Valentina):プルママルカ

10/18 フフイバスターミナル泊

10/19 夜行バス

10/20-21 600ペソ/2泊(Butterfly Hostel):プエルトイグアス

 

合計

4215.87ペソ+10ドル+3539円

 

泊まった感想

Rancho Grande(ドミトリー)

ドミトリーだと値段も安く、綺麗で快適な宿だった。寒いエルチャルテンだがむしろホテル内は暑くて半袖で歩いている人も多かった。

Wifiは部屋では弱いが共有スペースなら問題なく使える。エルチャルテンはSim(ペルーのClaro)が使えなかったのでWifi環境はかなり重要。

レストランもあるので食事もできるが、その代わりキッチン用品は充実していない。必要なものがあればレストランのスタッフに言えば貸してもらえるが少し面倒。

エルカラファテや空港行きのバスも手配してもらえ、バスは宿の前から出発するので便利だし、正規より値段が安い。

総合的にみてオススメできる宿です。

 

Folk Hostel(ドミトリー)

ここはマジでオススメの宿。

とても綺麗でWifiも速く、バスターミナルからも近いし、朝食付き、さらにドミトリーだと安い。街中には遠いが徒歩圏内。

氷河トレッキングもここで申し込めるし、値段も街中と同じ。

空港まで正規のバスで行くとかなり高いがここで申し込むとお得なのでそれもありがたい。

ここは泊まった方がいいと思う宿だった。

 

Meridiano Hostel Boutique(ドミトリー)

ブエノスアイレスではいくつか宿を移ったがAirbnb以外だとここが一番良かった。

全てにおいて文句なし。

ただ、日によって値段が変わるので僕が泊まった日以外は高かったので渋々宿を変えた。

 

Malala Hostel(ドミトリー)

日本人とか韓国人に人気の宿らしいが僕はあまり好きではなかった。

部屋でWifiは全く使えないし(共有スペースでは良好)、共有スペースのタバコ臭も気になった。

立地は世界で二番目に美しい本屋から近く、セントロで良い。

総合的にみてあまりオススメはしません。

 

Ideal social hostel(ドミトリー)

ここも部屋ではWifiは弱く共有スペースで使うことになります。

気になったのが部屋の臭さと共有スペースにいた蚊の量です。時期や宿泊客によるとは思うが。

スタッフは親切で悪くない宿ですが、オススメとは言えません。

 

La Valentina(ツインルーム)

プルママルカもSimカード(ペルーのClaro)が使えなかったところ。

事前にBookig.comで目星をつけていたが、予約せずにいると売切になっていた。でも、実際に飛び込みで行ってみるとBooking.comに載っていない部屋が空いていてさらに値段もネットより半額以下と相当安かった。

Wifi良好、スタッフも親切、朝食付き、テラスからの風景が落ち着く、部屋も快適と至れり尽くせりの宿でここはマジでオススメです。

 

Butterfly Hostel(ドミトリー)

可もなく不可もなくという感じ。

めっちゃめちゃいい訳でもないけど悪くもない。

 

観光費

ペリトモレノ氷河ミニトレッキング 4400ペソ

ペリトモレノ氷河入場料 600ペソ

サリーナスグランデスツアー 400ペソ

オルノカル乗合タクシー 350ペソ

イグアスの滝入場料 600ペソ

イグアスの滝に突っ込むツアー 1500ペソ

 

合計

7850ペソ

 

 

Simカード

Claro トップアップ 30ソル(1000円)←ペルーで買ったSimをトップアップして使いました。

 

その他食費等

6666.3ペソ

 

滞在日数

 

僕の滞在日数

10/3 プエルトナタレス→エルカラファテ→エルチャンテン(バス) エルチャンテン泊

10/4 体調不良により休養 エルチャルテン泊

10/5 フィッツロイトレッキング エルチャルテン泊

10/6 エルチャンテン→エルカラファテ(バス) エルカラファテ泊

10/7 休養 エルカラファテ泊

10/8 ペリトモレノ氷河ミニトレッキング エルカラファテ泊

10/9 休養 エルカラファテ泊

10/10 ブエノスアイレスへのフライト ブエノスアイレス泊

10/11-15  ブエノスアイレス観光と休養 ブエノスアイレス泊

10/16 ブエノスアイレス→サルタ(フライト) 空港泊

10/17 サルタ→フフイ→プルママルカ プルママルカ泊

10/18 7色の山、サリーナスグランデス観光。プルママルカ→ウマワカ移動。オルノカル観光。ウマワカ→フフイ フフイバスターミナル泊

→ウマワカからサルタへの直行バスがあるのでそれに乗ってサルタで1泊するのがベストだったがチケットを購入してから気づいたので遅かった。

 

10/19 サルタ→プエルトイグアス(バス) 夜行バス泊

10/20 プエルトイグアス泊

10/21 イグアスの滝観光 プエルトイグアス泊

10/22 早朝からフォスドイグアスへ移動

 

理想的な滞在日数

正直行ってブエノスアイレスは休息地としてはいいですが、観光するところは全然ないので行かなくてもいいと思いました。

時間がある人はウルグアイにも日帰りでいけますが、フェリーの往復が8000円くらいだったので僕は諦めてしまいました。

 

僕は南部のパタゴニア、首都のブエノスアイレス、北部のウマワカ、サリーナスグランデスと割と滞在した方ですが、控えめに言ってもとてもいい国でした。

 

1日目:プエルトナタレス→エルカラファテ→エルチャルテン(バス) エルチャルテン泊

2日目:フィッツロイ観光 エルチャルテン→エルカラファテ(バス) エルカラファテ泊

3日目:ペリトモレノ氷河観光 エルカラファテ泊

4日目:エルカラファテ→ブエノスアイレス(フライト) ブエノスアイレス泊

5日目:ブエノスアイレス観光 ブエノスアイレス泊

6日目:ブエノスアイレス→サルタ(フライト) サルタ泊

7日目:サルタ→ウマワカ(バス) オルノカル観光 ウマワカ→プルママルカ(バス) プルママルカ泊

8日目:サリーナスグランデス観光 プルママルカ→サルタ サルタ泊

9日目:サルタ→プエルトイグアス(フライト) プエルトイグアス泊

10日目:イグアスの滝観光 プエルトイグアス泊

11日目:プエルトイグアス→フォスドイグアス移動

 

まとめ

南米で一番好きな国でしたので北部から南部まで色々観光しました。

コルドバなどの中部は行っていませんがこれだけ周遊できれば満足できると思います。

コメント