IPOの当選確率を上げる資金配分

IPOの資金配分は重要です。多すぎると普段の投資資金が少なくなるし、少ないと申し込みの手間がかかります。

2020年から本格的にIPOに申し込み始め、同年に当選した僕の資金配分を紹介します。

 

スポンサーリンク

証券会社のタイプは3つ

  • 抽選時資金が必要(同一資金不可)
  • 抽選時資金が必要(同一資金可能)
  • 抽選時資金不要

 

抽選時資金が必要(同一資金不可)

  • SMBC日興証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • auカブコム証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • 岩井コスモ証券

 

申し込み銘柄ごとに資金が必要になるので申し込みのハードルが高いです。主幹事数が多いSMBC、100%平等抽選で本数が割と多いマネックス、楽天には入金しておきたいところです。その他のところは普段は入金せず必要に応じて入金で十分です。

 

抽選時資金が必要(同一資金可能)

  • 大和証券
  • みずほ証券
  • SBI証券
  • CONNECT証券
  • 東海東京証券

 

同一資金で申し込みが可能なので取り扱い数が多い、大和、みずほ、SBI、CONNECTにそれぞれ40万円ずつ配分。

SBIは外れてもIPOチャレンジポイントがもらえるので全て申し込むべし。資金が厳しければCONNECTを外す。東海東京は主幹事になった時だけ入金。

 

抽選時資金不要

  • 野村証券
  • 松井証券
  • 岡三オンライン証券
  • ライブスター証券
  • DMM.com証券

 

資金不要で申し込めるので時間が許す限り申し込み。特に主幹事数が多い野村証券は忘れずに。

 

僕の資金配分

抽選時資金が必要(同一資金不可)

  • SMBC日興証券:40万円
  • マネックス証券:40万円
  • 楽天証券:30万円
  • auカブコム証券:0円
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券:0円
  • 岩井コスモ証券:未開設

 

楽天証券は最近当たりの本数が増えてきているのでもう少し入金しようかと思います。

 

抽選時資金が必要(同一資金可能)

  • 大和証券:35万円
  • みずほ証券:35万円
  • SBI証券:残り全部
  • CONNECT証券:0円
  • 東海東京証券:0円

 

SBI証券はメインで利用している口座で普段の投資でも使っているので残り全部を入金しています。

 

抽選時資金不要

  • 野村証券:0円
  • 松井証券:0円
  • 岡三オンライン証券:0円
  • ライブスター証券:0円
  • DMM.com証券:未開設

 

まとめ

今のところは生活費予備50万円以外は全て証券口座に入金しています。

IPOで使用する資金は貯金の代わりなので

コメント