【世界一周】僕が海外で空港泊した空港と注意点まとめ

最近、夜に空港に着いたときは空港泊することが基本になっています。

 

世界一周5ヶ月目に入りましたが、慣れてきたのかバックパックがちょうど良い大きさなのでもたれかかると簡単に寝れるようになりました。

 

それなので横になれなくてもベンチがあれば8時間とか普通に寝れます 笑。

 

空港は比較的安全ですが、注意事項もあるのでまとめていきます。

 

空港泊した空港があれば随時追加します。

 

海外のサイト↓で面白いのがありますので参考にしています。

The Guide to Sleeping in Airports
Airport reviews, airport guides and the best and worst airports. Tips for sleeping in the airport overnight or while stuck in the airport during transit, weathe...

 

スポンサーリンク
  1. なぜ空港泊するか
    1. 夜や早朝の移動は危険
    2. フライトの時間が早朝
    3. 宿泊費が高い
    4. 良い宿がない
  2. 注意すること
    1. 荷物管理
    2. ベンチの有無
    3. 空港泊できない空港がある
    4. 警備員からのチェック
    5. ラウンジを使えることがある
  3. アジア
    1. ヤンゴン国際空港(ミャンマー)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    2. スワンナプーム空港(バンコク、タイ)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    3. マカオ
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    4. 台北(台湾)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    5. チェンナイ国際空港(インド)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    6. スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ、インドネシア)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
  4. 中東
    1. クイーンアリア空港(アンマン、ヨルダン)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
  5. アフリカ
    1. ジョモ・ケニヤッタ空港(ナイロビ、ケニア)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. ラウンジ
    2. フェズ・サイス空港(モロッコ)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
    3. ケープタウン国際空港(南アフリカ)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
  6. ヨーロッパ
    1. ルブリン空港(ポーランド)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
    2. ダブリン空港(アイルランド)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
    3. オスロ・ガーデモエン空港(ノルウェー)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    4. スキポール空港(アムステルダム、オランダ)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
    5. ケプラヴィーク空港(レイキャビク、アイスランド)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
  7. 北アメリカ
    1. JFK空港(ターミナル1、4)
        1. ベンチの種類
        2. 安全性
        3. Wifi
        4. コンセント
    2. ニューアーク空港
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    3. カンクン国際空港(メキシコ)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. 備考
    4. メキシコシティ国際空港(メキシコ)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
  8. 南アメリカ
    1. サンティアゴ国際空港(チリ)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. Wifi
        4. コンセント
        5. 安全性
        6. ラウンジ
    2. サルタ空港(アルゼンチン)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ
    3. リオデジャネイロ空港(ガレオン、ブラジル)
        1. 寝た場所
        2. ベンチの種類
        3. 安全性
        4. Wifi
        5. コンセント
        6. ラウンジ

なぜ空港泊するか

夜や早朝の移動は危険

これが主な要因です。

LCCで移動していると夜や早朝に到着することが多いですのでそこから移動するのは危険ですのであまりオススメしません。

 

いろんな国に行っていますが初めて行った国ではいつも戸惑います。

 

さらにもしその時間から移動しても宿のチェックイン時間に間に合わないことも多いです。

 

 

フライトの時間が早朝

早朝6時からフライトがあるなんてことも普通にあります。

 

そうなると2時間前には空港に着いておきたいので朝4時に空港着。

 

そうなってくると宿を3時出発?とかになるので泊まる意味がないし、寝過ごす可能性もあるので空港泊した方がマシです。

 

 

 

宿泊費が高い

これは先進国の場合で北欧とか西欧、アメリカですね。

 

まあ、完全にフライトの時間帯によるので宿泊費はあまり関係ないかもしれません。

 

でも、先進国なら昼までの便に乗るんだったら空港泊にしてしまう気がします。

 

 

良い宿がない

これもフライト時間によります。

夜21時以降に到着の便や昼までのフライトなら空港泊する気がします。

 

僕の場合、宿探しに全力を注いでいますので変な宿に泊まるくらいなら空港泊の方がマシと考えています。

 

一般的に空港は綺麗で安全ですからね。

 

注意すること

荷物管理

いくら安全とはいえ防犯対策は必要です。

 

僕はワイヤーロックを持っていますのでベンチにくくりつけてから寝ています。

 

もちろんカバンには南京錠をしています。

 

 

ベンチの有無

たまにベンチがない空港がありますので事前に調べた方がいいです。

 

肘置きがついているタイプのベンチしかおいていない空港もありますが、僕はそれでも楽に寝れるようになりました。

 

地べたで寝ることもできますが、マットなどを持っていないしあんまり綺麗とは思えないので僕はしません。

 

空港泊できない空港がある

これが一番厄介です。

 

代表的なのはロンドンのスタンステッド空港。

 

ベンチで寝ていると起こされるという荒技。

 

寝るなら地べたしかないようです。

 

警備員からのチェック

たまに警備員が航空券を持っているか調べに来ることがあります。

航空券を見せるか事情を説明すれば問題ないです。

 

フライトがある場合はもちろん問題なし。

 

フライトが到着した時はそのチケットを見せたり、友達を待っているとでも言えばわかってくれます。

 

ラウンジを使えることがある

預け荷物がある場合は2〜3時間前からしかチェックインできないと思いますが、僕は預け荷物がないのでオンラインチェックインをしてスマホの画面でチェックインしています。

 

そうすると24時間前くらいから空港内に入れてラウンジを使える可能性があるからです。

 

ラウンジだとソファーのレベルが高く、寝るスペースがあることもあります。

 

ラウンジの営業時間にもよりますが、24時間営業なら必ず使った方がいいです。

 

そのために必要なのが楽天プレミアムカード

 

年会費1万円で世界中のラウンジが使えるプライオリティパスが無料で発行できますので世界一周者や海外によく行く人には必須のカードです。

僕が世界一周していて一番お世話になったカードでもあります。

 

 

アジア

ヤンゴン国際空港(ミャンマー)

寝た場所

到着ロビー

 

ベンチの種類

横にはなれないが座席があるので寝れる。

 

安全性

空港に入るときに荷物チェックがあるので比較的安全。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

 

ラウンジ

ターミナル1のミンガルラウンジは24時間営業で快適なので使った方がいい。

ヤンゴン空港のMingalar Skyラウンジは快適すぎる
以前書きかけの記事がいくつか残っているので時間があるときに書き上げていくので時系列がバラバラですが、気にしないでください 笑。 プライオリティーパスを持っているので、ターミナル1にあるヤンゴン国際空港のラウンジに行ってみたので...

 

 

スワンナプーム空港(バンコク、タイ)

寝た場所

ラウンジ

 

ベンチの種類

大きな空港なので何でもあるが、僕はラウンジで寝た。

 

安全性

安全。

 

Wifi

サクサク

 

コンセント

ある

 

 

ラウンジ

24時間営業のラウンジが数多くあるので最高。

シャワーも浴びれるので絶対使った方がいいラウンジの一つ。

 

マカオ

寝た場所

出発ロビー

 

ベンチの種類

横にはなれないが座席があるので寝れる。

 

安全性

空港泊している人が多いしマカオ自体安全。

Wifi

使用可能

 

コンセント

なし

 

ラウンジ

オンラインチェックインができなかったので利用時間は短い。

 

 

台北(台湾)

寝た場所

到着ロビー近くの共有スペース

 

ベンチの種類

座席タイプもあるが共有スペースで横になれる

 

安全性

人も多く安全。

 

Wifi

使いやすい

 

コンセント

共有スペースにはあった

 

ラウンジ

オンラインチェックインができなかったので利用時間は短い。

 

チェンナイ国際空港(インド)

寝た場所

出発ロビー

 

ベンチの種類

座席はあるが肘掛けがあるので横になれない

 

安全性

出発5時間前くらいじゃないと空港に入れないし、ボーディングパスがないとそもそも入れないので安全。

 

Wifi

 

コンセント

あるが数は少ない

 

ラウンジ

利用するべき

 

スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ、インドネシア)

寝た場所

搭乗エリア

 

ベンチの種類

搭乗エリアは肘掛のないタイプの座席があるのでオススメ。

逆に出国ロビーは肘掛のあるタイプしかない。

 

出国エリア↑

 

搭乗エリア↑

 

安全性

深夜でも人が多くて安心できる。

 

Wifi

フリーWifiが利用でき、速度も悪くない。

 

コンセント

充電コーナーはあるが放置するのは怖い。

 

中東

クイーンアリア空港(アンマン、ヨルダン)

寝た場所

到着ロビー

 

ベンチの種類

横にはなれないが座席があるので寝れる。

 

安全性

24時間空港なので人が常にいたので大丈夫だと思ったし、寝ている人は僕以外にもいた。

 

Wifi

問題なく使える

 

コンセント

 

 

アフリカ

ジョモ・ケニヤッタ空港(ナイロビ、ケニア)

寝た場所

ラウンジ

 

ベンチの種類

ラウンジを使っていたので忘れました。

 

安全性

24時間空港なので人が常にいたので大丈夫だと思ったし、寝ている人はも多かった。

 

ラウンジ

僕はプライオリティーパスを使ってターキッシュ航空のラウンジで寝た。

 

シャワーもある。

 

横にはなれないが、スタッフが椅子を二つ繋げてくれたのでマシだった。

 

でも、ラウンジ泊をする人が多い空港なので夜はほぼ満席状態。

 

早朝になれば人は減った。

 

 

フェズ・サイス空港(モロッコ)

寝た場所

出国ロビー

 

ベンチの種類

ベンチはないが座るスペースっぽいところで横になれる。

人も少なく占領できた。

僕と同じように空港泊している人が数人いた。

安全性

田舎すぎる空港なので安全。

 

フェズ空港で空港泊してみた結果
フェズの街中にあまりいたくなかったのでフェズ空港で空港泊することにしました。 フェズ・サイス空港は意外にも国際空港でヨーロッパ各地やサウジアラビアにも飛んでいるので意外に使えます。 ライアンエアーが多かったのには...

 

Wifi

コンセント

ある

 

 

ケープタウン国際空港(南アフリカ)

寝た場所

到着ロビー

ベンチの種類

横になるが数は少ない

 

安全性

綺麗だから安全だと思ったが人は少ないのでオススメはしない

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

なし

ラウンジ

深夜だと国内線は人がいなくてオンラインチェックインできなかったので利用時間は短い

 

ヨーロッパ

ルブリン空港(ポーランド)

寝た場所

到着ロビー

 

ベンチの種類

ベンチに肘掛けがないので横になれるし、硬さも悪くない。

人も少ない。

 

安全性

田舎すぎる空港なので安全。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

 

ダブリン空港(アイルランド)

寝た場所

2階のマクドナルド周辺

 

ベンチの種類

あるが横にはなれない。

 

マクドナルドで何か購入して横になるのはありだが、早めに行かないとソファーが埋まってしまう。

 

安全性

安全

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

あったと思う。

 

 

オスロ・ガーデモエン空港(ノルウェー)

寝た場所

出国ロビー

 

ベンチの種類

ベンチが豊富にあり、横にもなれるので快適。

 

快適すぎて寝過ごしそうになったくらい。

 

安全性

安全

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

あった気がする

 

ラウンジ

プライオリティーパスで使えるラウンジがないのが残念。

物価高なので使いたかった。

 

 

スキポール空港(アムステルダム、オランダ)

寝た場所

到着ロビー

トランジットエリア

 

何回か寝たことがあり場所はまちまち。

 

ベンチの種類

ゲートに入る前でも入ってからでも肘掛け付きのベンチしかないので横になれない。

 

安全性

安全。

警備員が航空券を持っているかチェックする時がある。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

あり

 

 

ケプラヴィーク空港(レイキャビク、アイスランド)

寝た場所

出国ゲート付近

 

ベンチの種類

ゲートを入ればベンチが豊富にあり、横にもなれるので快適。

コンセントもたくさんある。

 

安全性

安全

 

Wifi

サクサク

 

コンセント

めちゃめちゃある

 

ラウンジ

プライオリティーパスで使えるラウンジがないのが残念。

物価高なので使いたかった。

 

 

北アメリカ

JFK空港(ターミナル1、4)

寝た場所

ターミナル1の到着ロビー

 

ベンチの種類

ベンチがあるが肘掛けがあるので横にはなれない。

 

安全性

24時間空港で警備員がいるので安全。

 

Wifi

遅い

 

コンセント

 

 

ニューアーク空港

寝た場所

出国ロビー

 

ベンチの種類

ベンチがあるが肘掛けがあるので横にはなれない。

 

安全性

24時間空港で警備員がいるので安全。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

あり

 

 

ラウンジ

ターミナルBに23時30分まで使えるラウンジがある。

セキュリティーチェック前に使えるラウンジなので到着してからでも使えるかも。

出国のチケットを持っていたので、もちろん営業時間ギリギリまで使った。

 

カンクン国際空港(メキシコ)

寝た場所

ターミナル2の出国ロビー

 

ベンチの種類

ベンチの数が異様に少なく、あっても肘掛けがあるので横にはなれない。

数が足りていないので諦めて地べたで寝ている人も多いが、出発日前日に来ていればベンチは確保できる。

 

ターミナルが2がまだマシなので他のターミナルから出発する場合は無料のシャトルバスで出発時間までターミナル2に居た方が良い。

 

ターミナル4はベンチが全く無かった。

 

安全性

24時間空港で警備員がいるので安全。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

あるが少ない

 

 

備考

この空港での空港泊はオススメしない。

僕はトランジットだったので仕方なく滞在したが、街中で安宿に泊まるのも全然ありだと思う。

 

 

メキシコシティ国際空港(メキシコ)

寝た場所

出国ゲート付近

 

ラウンジより寝やすかった。

 

ベンチの種類

出国ロビーはベンチがほとんどない。

2階に行けばフードコートが開いているので寝ている人は多かったが、それ以外の人は床で寝ていた。

 

早くオンラインチェックインしてしまった方がいいと思った。

 

安全性

24時間空港で警備員がいるので安全。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

あり

 

ラウンジ

ターミナル1には24時間営業のラウンジがあるが、3時間以上は使わせてくれなかった。

3つラウンジがあるので3時間経ったら違うラウンジに行ってくつろいだ。

 

南アメリカ

サンティアゴ国際空港(チリ)

寝た場所

出国ロビー

ラウンジ

 

ベンチの種類

1階にベンチがあり、なんとか横になれる。

数は多くはないが少し待てば基本的に誰が移動するので座れる。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

なし

 

安全性

24時間空港でよく清掃員が歩いていたので大丈夫。

 

ラウンジ

国内線を使った時に利用したがめちゃくちゃ快適。10時間くらい滞在したが人も少なく料理も豊富でほんと最高。

長時間居ても何も言われないのもありがたかったし、僕以外にも寝ている人はいた。

 

 

サルタ空港(アルゼンチン)

寝た場所

2階の出国ロビー

 

ベンチの種類

1、2階にベンチがあるが横にはなれない。

 

安全性

田舎すぎて最初は僕しかいなかったが2時くらいになると早めに空港に来る人がいた。

だから大丈夫。

 

Wifi

接続はできたが遅すぎて使い物にならず、自分のSimを使っていた。

 

コンセント

なかった気がする。

 

ラウンジ

ランドサイドにあるので到着後も使用できるが、夜9時半で閉まるので使えなかった。

 

リオデジャネイロ空港(ガレオン、ブラジル)

寝た場所

2階のベンチ

 

ベンチの種類

1、2階にベンチがあるが肘掛けがあり横にはなれない。

 

安全性

深夜でも人が多いので危険は感じなかった。

 

Wifi

使用可能

 

コンセント

あり。

 

ラウンジ

ランドサイドにあるのでチェックイン前や到着後も使用できるが、夜10時で閉まる。

 

ただ、磁気が壊れてるプライオリティパスだと使用不可。QRコードか、スワイプのみ対応で手動には対応していないちなみに楽天カード経由ならQRコードは発行できない。

 

僕のは磁気が壊れているので結局入れなかった。世界中で使っているが初めての経験。

コメント