水虫を市販薬で完治させてる方法。治療効果を画像で追う!

今まで気づいていませんでしたが、足の皮がよく剥けるなあと思っていたら水虫でした。

小指と薬指の間の水虫で、調べてみると趾間(しかん)型というものでした。

 

順調に治ってきているので使っている市販薬と治療効果を紹介します。

 

スポンサーリンク

オススメの市販薬

  • ラミシールATクリーム
  • コラージュふるふる泡石鹸

 

ラミシールATクリーム

医療用と同じ全く同じなのでわざわざ病院でもらう必要はありません。

軽い水虫くらいなら受診は不要でしょう。

 

医療用と同じなのはラミシールATクリームですが、その他にもラミシールプラスやブテナロックなどもあります。

ラミシールプラスはラミシールにかゆみや炎症を抑える成分を混ぜたもので、ブテナロックはそもそも有効成分が違います。

 

医療用でかゆみや炎症を抑えたい場合は別剤と混合したりかゆみ止めの錠剤を服用したりすることもありますので、自分の症状を考えて選べばいいと思います。

 

何度も言いますが一般的にはラミシールATクリームをよく使いますので、僕もこれを使っています。

 

 

コラージュフルフル泡石鹸

ラミシールATクリームだけでも十分ですが、念のためコラージュふるふるという泡石鹸を使ってお風呂で洗っています。

持田製薬が販売しているもので真菌に効果のあるミコナゾールを配合している医薬部外品です。

 

水虫でなくても足の臭い人は試してみる価値ありです。足が臭いのには原因があるわけなので。

 

青色とピンク色は中身は同じなのでどちらでもOKです。

 

量が少ないので足だけに使いましょう。

 

 

使用方法

ラミシールATクリーム:1日1回お風呂上がりに塗る

コラージュフルフル泡石鹸:お風呂で足を洗うときに片足につきワンプッシュして洗う

 

水虫は見た目では治ったように思えても残っていることが多いので、最低でも1ヶ月は治療を継続する必要があります。

 

趾間の状態(使用前)

右足

右足がひどくて、裂けて出血することも何度かありました。

 

左足

左足は大したことないですが悪化しないためにも一緒に行いました。

 

趾間の状態(1週間後)

右足

裂けていた部分がマシになりました。

 

左足

完治かと思ってもいいくらいになりましたが、まだ続けます。

 

趾間の状態(2週間後)

右足

すごく良くなりました。

これでやめてしまう人が多いですがここから1ヶ月程度は続けたいと思います。

 

左足

こっちは1週間前と大して変わりません。

 

趾間の状態(3週間後)

右足

3週間もすれば水虫があったかどうかもわからなくなりました。

 

左足

趾間の状態(4週間後)

右足

 

左足

 

趾間の状態(5週間後)

右足

 

左足

 

趾間の状態(6週間後):治療終了

右足

 

左足

 

変化がなくなったのでこれで治療終了にしました。

 

まとめ

合計で1ヶ月半くらい継続して今はまだ再発していません。

水虫は病院に行かなくても治るので市販薬を毎日継続して使いましょう。

 

僕の使っている薬→ラミシールATクリームコラージュフルフル泡石鹸

コメント