J:COMネットの速度が遅い?改善方法を解説

1KのアパートやマンションならJ:COMネットが遅いと感じることは少ないと思いますが、戸建てなら遅いと感じることもあるかもしれません。

その時の改善方法を解説します。



2種類の周波数帯が用意されている

最近のネット回線は2種類の周波数帯、2.4GHz、5.0GHz帯が用意されているのが一般的です。

それぞれの周波数帯にメリット、デメリットがあります。

 

2.4GHz帯

障害物に強い、機器との互換性があるなどの特徴がある一方、電子レンジなどの家電製品による干渉を受けやすいというデメリットがあります。

→速度は遅いが遠くまで届く

 

5.0GHz帯

5GHz帯では反対に、障害物に弱いといったデメリットがありますが、家電製品による干渉を受けにくく、安定した通信が可能という特徴があります。

→速度は速いが遠くはダメ。

 

モデムの周辺は5GHz帯で、モデムから遠くの部屋では2.4GHz帯を使用するのが一般的です。

 

各周波数の見分け方

モデムによって見分け方が違っていて、2.4GHzとか5GHzになっているものはわかりやすいです。

それ以外だと5GHzのものは末尾にAがついています。

下記のような感じです。

 

それでもダメな時

周波数帯を変えてもモデムから部屋が遠くて回線が繋がらない時はメッシュWi-Fiというのを契約する方法がです。追加料金がかかるのでおすすめはできませんが我慢できない時は導入してもいいかもしれません。

メッシュWi-Fiについては別記事にまとめています。

J:COMネットが繋がらない?メッシュWi-Fiを使用した感想
自宅でWi-Fiが繋がらない時はありませんか? ルーターを置いているリビングでは繋がるけど自分の部屋や二階に行くと繋がらないことを解消するのがメッシュWi-Fiです。 J:COMのネット回線を契約している...

 

まとめ

普段は5GHz帯を使って、繋がらない時は2.4GHz帯を使うのがいいと思います。

両方ともパスワードは同じに設定されているはずです。

 

詳しく調べる→J:COM公式ホームページ



コメント