コスパ最強?iPhoneSEの魅力

スポンサーリンク

何がすごい?

そもそもiPhoneSEを知らない人もいると思いますが、2016.3月に発売されたiPhoneです。大きさはiPhone5sと同じです。

 

 

良さは、Apple製品の割に安いこととコンパクトということです。

大手キャリアの方は一括購入する機会が少ないと思いますので本体価格を考えたことがないかもしれませんが、格安simで運用している方は重視していると思います。

 

iPhoneSE 64G 53,784円(税込)→(2017.3.21に廃止)

iPhoneSE 32G 48,384円(税込)→(2017.3.21〜)

→42,984円(税込)(2017.9.13〜)

iPhoneSE 128G 60,264円(税込)→(2017.3.21〜)

→54,864円(税込)(2017.9.13〜)

iPhone7 32G 78,624円(税込)

→66,744円(税込)(2017.9.13〜)

iPhone7 128G 90,504円(税込)

→78,624円(税込)(2017.9.13〜)

iPhone6s 32G 66,744円(税込)

→54,864円(税込)(2017.9.13〜)

iPhone6s 128G 78,624円(税込)

→66,744円(税込)(2017.9.13〜)

全て2017年9月13日現在のAppleの公式サイトから抜粋。

 

 

やっぱり4インチが使いやすい

日本人の手にはこのサイズがフィットする気がします。

片手で操作しやすいというのは魅力的です。

 

機能は、iPhone6sと同様ということなので満足できると思います。Felicaが絶対必要という方は厳しいですが。

 

 

購入方法

本体のみ買う場合を想定しています。

 

1、Apple storeで購入

正規の金額ですが、安心です。Apple careにも加入可能。僕的にはよほど乱暴に扱う人でないとApple careはいらないと思いますが。ガラスフィルムを貼っておけば十分です。

 

 

2、フリマアプリ、ネットサイトで購入

ヤフオク、メルカリ、ラクマとかです。

今のところは販売手数料を取っていないラクマが一番安いです。

 

僕はラクマで64G版を2台購入しました。

1台は2016.10月に新品で45,000円でした。docomo版でしたが、のちに出品者にsimロックを解除してもらいましたので今はsimフリーです。

2台目は、sprint版だったので60,000円でした。これは海外版ですがシャッター音が無音で対応周波数も日本版と同様ということで最強と言われているモデルです。

 

 

 

3、海外版を購入

これは、海外旅行時に購入したり、個人輸入で購入する方法があります。あと、ネットでも取り扱ってるところはありますね。

これは正規金額より安かったり、高かったりさまざまです。

 

 

海外版にはそれなりの魅力がありますので、一概に正規金額より高いからと言ってよくないとは言えないかもしれません。

実際、僕も60,000円で購入してしまいましたが、今となっては大満足です。

 

 

ガラスフィルム、ケース

ガラスフィルムは貼った方がいいと思います。特にApple careに入らない場合です。

これを貼っておけば、余程のことがない限り画面割れはしないと思います。

[amazonjs asin=”B00M8Z63WO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”NEWLOGIC 【 iPhoneSE / iPhone5 / iPhone5s / iPhone5c】 C-Glass 0.2 mm 保護ガラス (硬度 9H) 液晶保護 フィルム 強化ガラス”]

僕はこれを使っていますが、滑りも良くてすごく使いやすくてオススメです。

 

ケースは好みだと思いますが、僕は手帳型でなくクリアケースが良かったのでこれを選びました。

[amazonjs asin=”B00IODNLYC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”JEDirect iPhone SE 5 5s ケース 衝撃吸収バンパー アンチスクラッチ(クリア)”]

 

amazonの口コミ評価はほんと裏切らないと毎回感じます。

 

 

日本版と海外版の違い

iPhoneシリーズは、日本で売られている日本版と海外で販売されている海外版で若干違いがあります。

 

1、シャッター音の有無

日本版は、写真を撮るときカシャッと音がなりますよね。

盗撮防止目的らしいですが、スクショがなるのはやりすぎな気もします、、、→iOS 10.2からサイレントスイッチ(iPhoneの横にあるスイッチ)をオンにすればスクショは無音になりました。

 

海外版は、音量を調節でき無音にもできます。マナーモードでも無音です。(韓国版とカンボジア版は除きます。)レストランで食事を撮影する際とかに効果を発揮します。

 

2、対応周波数

日本版はau回線が、マイナーな回線を使用しているおかげ?で対応周波数が広いです。海外版はモデルによっては狭いものがありますので、特にau回線で使用する場合注意してください。

 

 

3、技適

日本の法律に適合しているかのマークです。

なくても、国内で使用できないわけではないですが法律違反なので気をつけてください。

 

 

まとめ

iPhoneSEは格安simとの相性抜群です。

しかし、大手キャリアで購入される場合は、iPhoneSEの月々割が若干少ないので微妙かなと思います。

 

この際、大手キャリアから乗り換えて格安sim+iPhoneSEで格安simデビューしてみるのもいいかもしれません。

 

2017.3.21から64Gが廃止となりました。64Gがちょうどいいのでラクマとかで購入するのがベストかと思います。正直普通に使う範囲なら32Gで十分だとは思いますが。

コメント