【海外旅行】バックパックに南京錠は無意味?正しい防犯対策教えます

海外旅行などでバックパックを持って行くときに気になるのは防犯対策。

 

とりあえず、リュックに南京錠をつけておけば安心!ってよく聞きますが実は簡単に開けられます。

 

じゃあ、どうすればいいの?っていう話ですが南京錠をつけておきましょう 笑。

 

その理由や僕が普段している対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

南京錠は無意味?

例えば僕が使っているマウンテントップのバックパックに南京錠をします。

こんな感じ。

 

一見安全そうに見えますが、これだとほとんど意味がないというか簡単に開けられます。

 

少し指で隙間を作って、

 

あとは開けるだけ

 

ここまで簡単に開けられると不安ですよね。

 

でも、100%南京錠はした方がいいです。

 

なぜなら少しは開けにくくなるから。

 

この差で狙われるかどうかが変わってきます。

 

時間があれば誰でも開けれる

心得ておかないといけないのが時間があれば誰でも開けられることです。

 

でも、盗みをする犯人は短時間で盗めるものを好みます。

 

ということは、時間があれば開けられるけど短時間では開けにくいような対策をしておけば違うターゲットを探します。

 

バックパックでなくスーツケースを使ったり、特殊なバックパックを買ったりすれば完全に開けれない状況を作れるかもしれませんが荷物量が増えたりお金がかかったりするのでそこまでする必要はないと僕は思っています。

 

大切なのは他人のより防犯対策をしていて開けにくいということです。

 

対策は?

先ほどのパターンだと荷物量が少なかったので簡単に開けられました。

 

対策は3つ。

僕は全部実践しています。

 

1、リュックをパンパンにする

荷物量が少ないと隙間ができて開けやすいですが、多いと隙間が少なく開けにくいです。

それなのであまり大きなバックパックにすると隙間が出来やすいので40Lくらいのパックパックが理想です。

 

2、他のファスナーと一緒に止める

僕のはファスナーが周辺に4つついているタイプなのでこれらをまとめて南京錠で留めておきます。

これだけで効果抜群。

とても開けにくいバックパックに早変わりです。

 

3、レインカバーをかける

最後にレインカバーをかけておけば対策完了です。

僕の使っているマウンテントップのリュックはレインカバー付属なのでありがたいです。

 

まとめ

南京錠をしていても開けれますが、開けにくいというのが重要です。

犯人のターゲットにならないような対策を心がけましょう。

 

僕の使っている南京錠(ワイヤーロック付き)

 

僕の使っているマウンテントップのバックパック40L

 

コメント