【ブラジル】リオデジャネイロとサンパウロでSimカード調査。購入するポイントを教えます

ブラジルでSimカードを購入するのはCFPというブラジル人のしか持っていない個人番号が必要と言われていますが、不要なショップもあります。

 

このポイントは街中で購入しないことです。

 

僕は10件以上聞きましたが、街中ではCFPが必要と言ってくるショップが多かったですが、バスターミナルでは不要でした。

 

ブラジルに到着する時はバスか飛行機だと思います。

 

バスなら素直にバスターミナルで購入し、飛行機なら経由する駅で売っていることが多いです。

 

僕はサンパウロではGRU空港を利用しましたが、その時にTatuape駅を経由して街中に出るのが最安値ですがその駅にClaroやTimのブースがありそこが最安値でした。

 

 

詳しく説明します。

 

1レアル=30円(2018年10月下旬)

 

スポンサーリンク

主要な会社

  • Vivo
  • Claro
  • Tim
  • Oi

どこの会社でもいいですが、バスターミナルなどのブースにはTimが多かったです。

 

リオデジャネイロ

調査した場所は、Botafogoの街中です。

 

はっきり言ってどこも売ってくれませんでした。

Timに関しては売ってくれそうな雰囲気はあったので粘れば売ってくれると思います。

 

実際は売ってくれると思うので、この原因は後述します。

 

サンパウロ

バスターミナル、セー広場、Tatuape駅で調べました。

 

バスターミナル

Tim

Simカード:10レアル

プラン:10レアル(2GB、1週間)

合計:20レアル(600円)

 

場所

リオデジャネイロからバスでサンパウロに行くとこのバスターミナルに着きます。

そこから地下鉄に向かうところのブースで売っていました。

 

セー広場(セントロ)

Claroしか売ってくれず、Timはブラジル人にしか売れないと言われました。

 

Claro

Sim:10レアル

プラン:50レアル(2GB、1ヶ月)

合計:60レアル(1800円)

 

場所

セントロのClaroです。

Tatuape駅

ここが一番良かったです。

 

Claro

Sim:5レアル

プラン:10レアル(2GB、1週間)

合計:15レアル(450円)

 

1ヶ月使いたい場合はその都度トップアップすればいいらしい。

単純に1ヶ月の場合は45レアル(1350円)で8GB使えるということになります。

 

トップアップは街中のキオスクなどで簡単にできます。

 

場所

GRU空港から街中に行くときに経由する駅です。

 

購入するときのポイント

英語が通じないのでGoogle翻訳を使う

僕は最初英語が通じないのに英語で会話を試みてすぐ諦めてしまいました。

というのもNoとかCPFとか言われるから。

 

でも、これってただ英語喋れなくてめんどくさいから他の店で買ってという意味のことが多かったです。

 

粘ってると売ってくれたり、Google翻訳を使うと売ってくれそうなところも多かったです。

 

CPFがないと無理!っていうところも確かにありましたが全部じゃなかったので諦めなければ売ってくれると思います。

 

ということで僕がリオデジャネイロで失敗した原因はこれです。

 

バスターミナルや主要な駅のブースで買うのがベスト

単純に英語通じたり、外国人の対応に慣れているからです。

さらに安い。

 

街中だと10軒くらい行って1軒も英語が通じませんでした。

 

まとめ

ブラジルでもSimカードは買えます。

僕はペルーで買ったSimカード(Claro)をデータローミングして使っていたので不要でしたが、ペルーに行く前にブラジルに行く人は無理ですがこの方法が一番楽だし、安いしオススメです。

南米でオススメのSimはペルーのClaro。南米中でデータローミング可能!
僕は南米の最初の国がペルーでよかったです。 ペルーのClaro(クラロ)Simはボリビアを除く南米中で使用可能です。 チリで買ったClaroはダメでした。 今のところ(2018.10...

コメント