【ナミビア、南アフリカ】B3Lのプラグは無くても変換プラグで代用できる

ナミビアと南アフリカのプラグはB3Lという変わった形で変換プラグで対応できないと思っている人もいるかもしれませんが、実際は対応できます。

 

スポンサーリンク

B3Lの仕組み

3つ口のプラグの特徴は上の部分に何かを挿せば下部分の2つが開くということです。

 

つまり挿すものは金属でなくてもプラスチックでも良いわけです。

 

実際、僕の持っているプラグの上側はプラスチックです。

 

ちなみにイギリスとかアイルランドはBFですが、上側に何かをさして下側にCプラグを挿せば代用できます。

 

変換プラグをBFにセット

B3よりBFの方が上側が四角でしっかりささります。

 

B3Lは全て大きいサイズなので変換プラグは小さすぎてすぐ外れてしまうことが多いので、BFが一番マシです。

 

 

これで挿入すれば代用できます。

 

 

使えなかった場所

Halaliのキャンプサイトはなぜか使えませんでした。

 

その時は仲間がB3Lのプラグを持っていたので大丈夫でしたが、そういうところも少なからずあるようです。

 

僕らが行った中で使えなかったのはそこだけでした。

 

まとめ

わざわざ買うのは勿体無いので変換プラグで代用するのがオススメですが、現地で買っても100円くらいなので安いです。

宿ならCプラグで対応できるようになっているところもありました。

 

僕の使っている変換プラグ↓

コメント