ナミビア周遊のレンタカーシェア仲間の集め方。現地で見つけるのは難しい

ナミビアを周遊する一般的な方法は、レンタカーやツアーに参加することです。

 

ツアーは割高だし行くところも限られます。

 

やはりレンタカーをシェアしたい人がほとんどだと思います。

 

僕はツイッターを使って募集してみました。

 

ちなみに僕は南米のサンパウロからナミビアのウィントフックに来ましたが、仲間が集まってなければ来ることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

仲間を集める方法色々

  • SNSで募集
  • ブログで紹介
  • 友達を誘う
  • 現地で探す
  • 地球の歩き方の仲間募集記事

これくらいだと思います。

 

僕が使ったのはTwitterですが、ブログで紹介しようとも思いましたが記事を作るのがめんどくさくてやめました。さらに期間限定の記事にするのもあまり好きではありませんでしたのでやめました。

 

世界一周中に知り合った友達にも声をかけましたが、航空券の金額が高くて断られました。

 

現地で見つけることも考えましたが、もし見つからなかったときの出費と精神的ダメージ、今後の日程が立てにくいのでこれも却下。

 

地球の歩き方募集も見ましたが、とにかく見にくい。あんなサイトよく作ったなと思うような掲示板だと思います。あんなのよっぽどの暇人しか見ません。

 

ということでSNS(ツイッター)を使うことにしました。

 

 

ツイッターを使った理由

ブログで紹介しても良かったのですが、単純にTwitterの方がアクセス数が多いかなと思ったのと気軽にツイートできるので便利だと思いました。

 

それと事前に仲間を見つけずに現地で見つける人もいますが、それはかなり無謀だと思います。

 

ブログでも現地で見つからずに何も出来ずに出国したケースもいくつか見られました。

 

また、アフリカ大陸を南下してくるときにシェア仲間を見つける人も多いですが、僕は南米からなのでそれは難しいと思っていました。

 

それと事前に見つけていればナミビアでの滞在日数を確定できるのでメリットしかありません。

 

もし、見つからなければアフリカ大陸に帰ってくることもありませんでした。

 

 

Twitterの内容

 

 

僕のツイッターをフォローしている人は少ないですが、このツイート見た人がリツートやいいねをしてくれたので結構拡散しました。

 

特に世界一周している人は本当にこの状況をよくわかっているようで何かしらのアクションをしてくれる人が多かったです。

 

Twitterの内容は具体的な日程やルートは絶対に入れた方がいいです。

 

それがないと見た人も対応しずらいです。

 

 

募集時期

ナミビアには11月1日くらいに到着予定で、ツイートは2ヶ月前の9月5日にしました。

 

はっきり言って遅すぎると集まりません。

 

僕がリプする側でも事前に航空券を買わないといけないし、そんな急には予定は変えれないからです。

 

実際、ツイートから1ヶ月後以降はリプはありませんでした。

 

最初の1ヶ月が勝負だと思います。

 

結果は?

1週間くらいで1人、3週間後に1人の計2人から連絡があり実際に行動を共にしました。

 

それとこの2人が現地で知り合った人を1人ずつ連れてきてくれたので合計5人で周遊しました。

 

まとめ

ツイッターで集まった人たちは普段から情報収集しているので知識や事前準備がしっかりしていました。ちなみに現地で知り合った人はそこまで調べているという感じではありませんでした。

コメント