インド観光にかかった費用やら滞在日数などの情報

南アフリカの次はインドに来ました。

 

世界一周者でアジアスタートならアジアの次がインドですが、僕は暑い時期を外したくて11月や12月に調節すると南アフリカの次になりました。

 

暑くないっていうのはかなりのアドバンテージだったし、世界一周の終盤でインドということで旅人としてのスキルも上がっていたこともありネットで見るようなインド最悪という感情にはならずむしろインド悪くないとも思えました。

 

これは完全に行く時期と場所だと思いました。

 

みなさんがよく行く北インドだけならインドは決して良い場所とは言えません。

 

やはりエローラ、アジャンタ、ハンピなどの南インドに行くだけでかなり印象は変わります。

 

1ルピー=1.6円くらいです。

 

スポンサーリンク

行った場所

アジャンタ

エローラ

ハンピ

マハバリプラム

バラナシ

タージマハル

ジャイプール

ジャイサルメール

ジョードプル

 

 

費用内訳(17泊18日)

43,378円+21700ルピー(34720円)+25.63ドル(2,900円)=81,000円

 

移動費

航空券

ケープタウン→ムンバイ(ヨハネスブルグ、マヘ島経由)

33,934円

 

チェンナイ→バラナシ

9,444円

 

合計

43,378円

 

鉄道

ムンバイ→アウランガバード

145ルピー(セカンドクラス)

 

バラナシ→アグラ

468ルピー(スリーパー)

 

アグラ→ジャイプール

142ルピー(セカンドクラス)

 

合計

755ルピー

 

バス

アウランガバード→プナ

400ルピー

 

プナ→ホスペット(ムンバイ→ホスペットでも同じ金額)

1000ルピー

 

ホスペット→チェンナイ

1050ルピー

 

ジャイプール→ジャイサルメール

788ルピー

 

ジャイサルメール→ジョードプル

294ルピー

 

ジョードプル→デリー

788ルピー

 

合計

4320ルピー

 

宿

11/23 南アフリカ→ムンバイ(セーシェル経由)

11/24 1000ルピー(Holiday Hotel Era):アウランガバード

11/25 700ルピー(Holiday Hotel Era):アウランガバード

11/26  夜行バス

11/27 750ルピー(Pai Residency Hospet):ホスペット

11/28 夜行バス

11/29 962ルピー(Treebo SR Residency):チェンナイ

11/30 空港泊

12/1〜12/3 スリランカ旅行

12/4 240ルピー(Hog Hostel Varanasi):バラナシ

12/5 夜行列車

12/6 680ルピー(Madhav Guest House):ジャイプール

12/7 夜行バス

12/8 602ルピー(The Wanderlust Guest House):ジャイサルメール

12/9-11 1750ルピー/3泊(La Casa Jodhpur Inn):ジョードプル

12/12 夜行バス

12/13 デリー→香港(フライト) 機内泊

12/14 香港着

 

合計

6684ルピー

 

泊まった感想

Holiday Hotel Era(プライベートルーム):アウランガバード

鉄道駅から近いので夜遅い到着でも安心できるし周りに食べるところもあって便利。ただ、バスターミナルには遠いのでアクセスを考えるとバスターミナル付近に泊まった方がよかった。

小さいゴキブリが大量にいた。

 

Pai Residency Hospet(プライベートルーム):ホスペット

綺麗で快適だし、バスターミナルから近いのでオススメ。僕はここを拠点にしてハンピ観光をした。深夜にシャワーを浴びるときはフロントに言うとホットシャワーにしてくれる。フロントは24時間営業。

 偶然かもしれないがたまにWifi速度が劇的に遅くなる。翌日には快速になっていたので一時的なことだと思う。

 

Treebo SR Residency(プライベートルーム):チェンナイ

メトロから徒歩10分くらいで総合的には満足。

早く行かないと朝ごはんがほとんど残っていなかった。部屋が少しタバコ臭かった。

 

Hog Hostel Varanasi(ドミトリールーム):バラナシ

何もかもが良かった。チェックアウト後も共有スペースが使えるのがありがたかった。

部屋のサイズが表記と違いとても小さいので注意。

 

Madhav Guest House(プライベートルーム):ジャイプール

インドで泊まった中で一番良かった。

深夜でも浴室にあるスイッチを押すだけでホットシャワーが浴びれて嬉しかった。

チェックアウト後にバスの時間まで待たせてくれるし荷物も預かってくれた。鉄道の駅からも近いので迷わずここに泊まったほうがいい。

 

The Wanderlust Guest House(プライベートルーム):ジャイサルメール

とても綺麗で快適だった。チェックアウト後に荷物も預かってくれた。

夜遅くにシャワーを浴びようとすると水しか出なかったので事前にホットシャワーを浴びる方法を聞いておくべきだった。

 

La Casa Jodhpur Inn(プライベートルーム):ジョードプル

Wifiがびっくりするくらい速く、間違いなくインドで1番の速さだった。チェックアウト後に荷物も預かってくれて最後にはチャイもご馳走になった。

部屋自体はあまり好きではなかった。

夜10時くらいまでにシャワーを浴びないと水になるので注意。

 

観光費

アジャンタ:600ルピー

エローラ:600ルピー

ハンピ遺跡:600ルピー

タージマハル:1100ルピー

ジョードプル:600ルピー

 

合計

3500ルピー

 

eビザ

25.63ドル

 

Simカード

239ルピー

 

その他食費等

100ルピー:散髪

6100ルピー

 

 

滞在日数

僕の滞在日数

11/23 南アフリカ→ムンバイ 空港泊

11/24 ムンバイ到着、ムンバイ→アウランガバード(電車) アウランガバード泊

11/25 アジャンタ観光 アウランガバード泊

11/26 エローラ観光 アウランガバード→プネ→ホスペット(全てバス) 夜行バス

11/27 ハンピ観光 ホスペット泊

11/28 ハンピ観光 ホスペット→チェンナイ 夜行バス

11/29 チェンナイ観光 チェンナイ泊

11/30 空港泊

12/1 チェンナイ→コロンボ(スリランカ)

12/1-3 スリランカ観光

12/4 コロンボ→チェンナイ→バラナシ バラナシ泊

12/5 バラナシ観光 バラナシ→アグラ(電車) 電車泊

12/6 タージマハル観光 アグラ→ジャイプール(電車) ジャイプール泊

12/7 ジャイプール観光 ジャイプール→ジャイサルメール(バス) 夜行バス

12/8 ジャイサルメール観光 ジャイサルメール泊

12/9 ジャイサルメール→ジョードプル ジョードプル泊

12/10 ジョードプル観光 ジョードプル泊

12/11 休養 ジョードプル泊

12/12 ジョードプル観光 ジョードプル→デリー 夜行バス

12/13 ニューデリー→香港(フライト)

 

理想的な滞在日数

どこから入国してどこから出国するかによってルートは変わってきますが、僕のルートだとスリランカを除けば16日くらいあれば可能だと思いました。

そのためには鉄道だけでなく夜行バスを多く使うことになりますので体力は必要なのと、体調を壊さないことが条件ですのでバスや鉄道の事前予約は極力避けて体調に応じて臨機応変に対応する必要があります。

ちなみに飛行機は直前でもそこまで値段は変わりません。

 

僕のルートだとチェンナイ入国、デリー出国かその逆がベストですがチェンナイでスムーズにSimカードが買えるかがイマイチ不明です。

Simカードがないとインドではスムーズに移動できないと思った方がいいです。

 

1日目:チェンナイ到着 チェンナイ泊

2日目:チェンナイ観光 チェンナイからホスペットへ夜行バス

3日目:ハンピ観光 ホスペット泊

4日目:ハンピ観光 ホスペットからプネへ夜行バス

5日目:プネからアウランガバードへ アウランガバード泊

6日目:エローラ観光、アジャンタ観光 アジャンタ周辺泊

7日目:アジャンタからジャルガオンへ移動 ジャルガオンからバラナシへ夜行列車

8日目:バラナシ観光 バラナシ泊

9日目:バラナシ観光 バラナシからアグラへ夜行列車

10日目:タージマハル観光 アグラからジャイプールへ鉄道移動 ジャイプール泊

11日目:ジャイプール観光 ジャイプールからジャイサルメールへ夜行バスor列車移動

12日目:ジャイサルメール観光 ジャイサルメール泊

13日目:ジャイサルメールからジョードプル移動 ジョードプル泊

14日目:ジョードプル観光 ジョードプルからデリーへ夜行バスor列車移動

15日目:デリーから出国

 

夜行バスや夜行列車ばかりでたぶんどこかで限界がくると思うので適当に休養を取った方がいいです。日程に余裕がなければ飛行機を使うことでも時間節約や体力温存につながるはずです。

 

まとめ

僕は体調不良もなくずっと強行で行ったので最終的に日程に余裕ができたので最後のジョードプルで時間を持て余しましたが、これで良かったと思います。

コメント