年末年始のニューヨーク、航空券は意外と安い?相場を調べてみた

ニューヨークのカウントダウンはなぜか人気ですが、年末年始だと航空券がバカ高いと思っていました。

 

しかし、調べてみると意外に手が出る価格だったので紹介します。

 

個人的にはあんな過酷なところ行くべきではないと思いますが、一生に一度の経験ということならありかもしれません。

 

あのカウントダウンに参加するために午前中から会場入り、トイレがないのでオムツを履いて深夜を待つというスタイルはあまり理解できません。

 

ということで個人的にはオススメしません。

 

スポンサーリンク

検索条件

スカイスキャナーを使って調べました。

 

検索日:2019年7月1日

出発日:2019年12月28日(土)

現地出発日:2020年1月2日(木)

 

およそ6ヶ月後の航空券を調べたことになります。

 

東京⇄ニューヨーク

乗継1回で8万8000円。

乗継時間は20時間を超えていますが、意外と安くないですか?

年末年始でこれなら買う価値ありだと思います。

 

ちなみに行き直行便、帰り乗継1回だと16万円。

両方直行便だと22万円でした。

 

実際の値段も確認してみた

ページを移動して行くと値段が違うことがあるので詳しくみていきました。

今回は中国南方航空が一番安かったので次へをクリック。

 

そしたら実際に8万7370円だったのでこの価格は本当だということがわかりました。

 

宿はAirbnb

ニューヨークは宿の値段がめちゃくちゃ高いです。

僕が行った時も2人で1万円以下だと変な宿しか空いていなかったので、Airbnbを使いました。

それだと2人で1泊7000円程度に収まりました。

ただ、ニュージャージーだったので立地は微妙でしたがバスで簡単にアクセスできたので問題なかったです。

ブルックリンとかなら1万円以下でも良い物件がありました。

 

Airbnbとは現地人に泊めてもらうサービスですが、海外ではホテル並みに主流な宿泊方法なので恐れることはないと思います。

 

僕も何十回も使っています。

 

詳しくはこちら↓

Airbnbを海外旅行で使うメリット、デメリット
Airbnbを使い込んでいる僕がメリット、デメリットを教えます。クーポンもあるので使いたい方は必見です!

 

まとめ

年末年始ニューヨークを考えている人は早めに航空券と宿を確保した方がいいとも思います。

日程が近づいてくると10万円以下で買える航空券なんてないと思うので早めの行動を心がけてください。

僕は行きませんけどね。笑

 

ニューヨーク行きの航空券を調べる→スカイスキャナー

コメント