アンテロープキャニオン、ロウアーかアッパーかどっちがおすすめ?予約方法やカメラの設定など

アンテロープキャニオンはとても幻想的な風景が見れることで有名ですが、アッパーとロウアーの2種類のコースがあります。

お金と時間に余裕があれば2つとも参加すれば良いですが、果たしてその価値はあるのでしょうか?

 

僕らは頑張れば2つとも参加できそうでしたがあえてロウアーだけにしました。

 

その理由を紹介します。

 

僕らが行ったのは2019年の9月下旬です。

 

スポンサーリンク

アッパーとロウアーの違い

かなり調べて違いがわかりました。

 

アッパーの特徴

夏の正午ごろは光のビームが見れることがある

足腰に優しい

正午の時間帯は予約がとりにくい

 

ロウアーの特徴

極端な時間帯じゃなければいつでも綺麗に見れる

階段の上り下りや狭いので足腰に高齢者だとしんどい

予約がとりやすい(シーズンでなければ予約なしでも可能)

アッパーより少し安い

若者ならロウアーがオススメ

 

ということで僕らはロウアーを選びました。

 

予約方法

アッパーでもロウアーでも内容はほとんど同じなのでどこで申し込んでもOKです。

 

僕らはDixie Ellis Lower Antelope Canyon(ロウアー)で申し込みました。

金額は2人で113.32ドル(手数料含む)でした。2019年9月でこの価格だったので今後まだ上がると思います。アッパーだともう少しします。

 

アッパー

ANTELOPE CANYON TOURS

Adventurous Antelope Canyon

Antelope Canyon Navajo Tours

 

ロウアー

Dixie Ellis Lower Antelope Canyon

Ken’s Tours

 

予約時期

僕は2週間前くらいだったのと9月下旬ということもあってロウアーは余裕で予約できました。

ただ、アッパーの正午は数枠くらいしか残っていませんでしたが毎日見ていればキャンセルが出るので参加できる可能性もあると思いました。

 

3日前までキャンセル無料なのでどうしてもアッパーがいい人は早めに予約しておくべきです。

 

時差について

アメリカは広すぎて時差がややこしいです。(3月第2日曜〜11月第1日曜は時差考慮)

時差を採用していない州や地域があり様々です。

 

ページ、モースシューベンド、アンテロープキャニオンの間に時差はありません。

 

画像はアンテロープキャニオンロウアー(Dixie’s Lower Antelope Canyon Tours)を予約した際に送られてきたメールです。

ページ、モースシューベンド、アンテロープキャニオンはArizona Mountain Standard Timeを採用しています。ググれば時間がわかります。

 

例えば、ラスベガスが18時(夏時間)だとすると、

 

18時:ページ、モースシューベンド、アンテロープキャニオン、グランドキャニオン、セントジョージ、ロサンゼルス

 

19時:カナブ、モニュメントバレー

 

ちなみに冬時間だとラスベガスとページなどは1時間時差が発生します。ほんとややこしい。事前にしっかり調べてください。

 

実際に参加してみた

僕らは前日セントジョージに宿泊してましたので早朝から移動し、ホースシューベンドを観光してからツアーに参加しました。

 

予約時間(12時15分)の45分前に着いてしまったので早めのに参加できるけどと言われましたが拒否して予約時間まで待ちました。

 

ツアーガイドは英語のみですが綺麗な英語を話してくれますので聴きやすいです。

 

写真もめちゃめちゃ撮ってくれるので有り難かったです。

 

所要時間は1時間半をみておけば十分です。

 

写真の設定

最初に綺麗に撮れる写真の設定を教えてくれます。

 

iPhoneだとカメラを起動し右上の3色みたいなのをタップ。左から3つ目(ビビッド(暖かい))にすれば綺麗に撮れるそうです。

 

写真の違い

加工なしのものと比べてみましょう。

 

加工なし↑

 

加工あり↑

 

確かに綺麗になりました。

 

まあ、写真を撮ってからでも加工できるますのでご安心を。

 

スカートを履いてはいけない

履いてもいいんですが狭い階段の上り下りなので中身丸見えです。

実際、前の韓国人カップルの女の子がミニスカで丸見えでした。それを彼氏がカメラで撮っていたので変態プレイ?としか思えませんでした。笑

 

画像のは最初のところで序の口です。

もっと急になりますのでスカートはやめましょう。

 

水は持っていかなくていい

水を持って行きましょうと事前に圧力がありますが、アンテロープキャニオンはリュックなどの手荷物は禁止なので水を持っていくとずっと手持ちになります。

 

激しい運動をするわけではないのでこれくらいの時間なら我慢できると思います。

 

また、ツアー後1人1本無料で水をくれるのでそこまで待つ方がいいと思いました。

 

人が多すぎ

2019年9月下旬でこの人混み。

大渋滞でした。

 

ガイドの人も今日は多いとは言っていましたがひどかったです。

 

特に入り口付近はひどくと写真は人が入らない上ばかり撮っていました。

 

ただ、ここを抜けると比較的人は少なくなるので自分たちの写真も簡単に撮ることができました。

 

写真一覧

僕が写した写真を紹介します。加工なしで載せています。

 

 

ウユニ塩湖同様、実物より写真の方が綺麗でした。

 

まとめ

写真ではめちゃくちゃ綺麗ですが、実物は大したことないです。

それなのにアッパーかロウアーか悩んでいた自分がバカに思えました。笑

アッパー、ロウアー両方行くのはナンセンスかと思います。

コメント