エポスゴールドカードは海外旅行保険充実!年会費無料にする方法

海外旅行好きはエポスカードがとにかく好きです。

 

僕はそんなに好きなわけではありませんが、無料でゴールドカードが作れて海外旅行保険の補償額をあげれるので作りました。

 

1年に数回の海外旅行だけならクレジットカードを何枚か作って補償額をあげれば海外旅行保険に加入しなくてもいいと思います。

 

ちなみにエポスゴールドカードは5000円の年会費を払ってまで持つ価値はないので無料なら作ってもいいかな程度のカードです。

 

スポンサーリンク

エポスゴールドカードとエポスカードの違い

海外旅行保険の補償額アップ

障害治療費用:200万→300万

疾病治療費用:270万→300万

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険についてはこちら↓

海外旅行保険は不要?クレジットカードの自動付帯保険と利用付帯の違いについて解説
海外旅行に行くときは海外旅行保険に入っていますか?僕はクレジットカードの保険をうまく活用して8ヶ月のアイルランド滞在でもクレジットカードの保険で乗り切りました。その方法をお伝えします。

 

エポスポイントの有効期限が無制限

エポスカードだと2年が上限ですが、ゴールドに切り替えると全て無制限になります。

 

年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

年間50万円:2500ポイント

年間100万円:10000ポイント

 

エポスカードもゴールドも還元率0.5%なので普段使いでは魅力はありませんが、ゴールドで年間100万円使えば還元率が1.5%まで上昇します。

これなら最強カードに生まれ変わります。

 

エポスポイントは1ポイントで1円です。

 

空港ラウンジが使用可能

国内、ハワイ、仁川の空港ラウンジが利用可能になります。

 

ただ、プライオリティパスなどで使えるラウンジとは違うのでしょぼいです。

プライオリティについてはこちら↓

https://katsuo-money.com/2019/08/18/post-1587/

 

選べるポイントアップショップ

エポスゴールドカードは通常還元率0.5%ですが、事前に登録したショップで購入するときは3倍の1.5%のポイントがつきます。

登録できるショップは3つ。

 

大手スーパー、ドラッグストア、ユニクロ、光熱費、定期券購入などよく使うショップが決まっている人にはかなりお得なサービスです。

 

エポスゴールドカードの年会費を無料にする方法

エポスゴールドカードは通常年会費5000円かかりますが、年会費を払っている人は少ないです。

それは、普通のエポスカードを作ってから普通に使っていると無料でゴールドカードにしてくれることが多いからです。

 

僕も今回、インビテーションが届いたのでその経緯を紹介します。

ハードルもとても低いです。

 

利用期間

4月中旬にカード発行

11月初旬にマイページでインビテーション確認

 

利用金額

5月支払い分:71,745円

6月支払い分:102,316円

7月支払い分:32,696円

8月支払い分:8,246円

9月支払い分:52,930円

10月支払い分:1,080円

 

合計:269,013円

 

半年で25万円が基準という噂があったので25万円に行くまで使いましたが、本当にそのに通りなりました。

 

エポスカードのデメリット

ATMキャッシング時に手数料がかかる

海外のATMでキャッシングはしないほうがいいです。

どこの国で利用しても一律110円の手数料がかかります。

 

キャッシング目的ならセディナjiyudaカードリクルートカードが手数料無料なのでオススメです。

https://katsuo-money.com/2019/06/05/post-7890/

 

まとめ

半年25万円利用でゴールドカードにアップグレードしてくれるのはありがたかったです。

僕は海外旅行保険だと1000万円の治療費を目指しているので300万円分補えるエポスゴールドは必須だと思っていて狙っていましたが案外簡単に作れてよかったです。

 

お得に申し込む→エポスカード

コメント