楽天でんきとあしたでんき比較。どっちがお得?

僕はあしたでんきと契約していますが、似たようなサービスで楽天でんきがあります。

 

結論から言うとあしたでんきの方が少し安いです。

 

でも、東電や関電と比べると明らかに安いので検討する価値はあります。

 

それと楽天ユーザーの場合、楽天市場での楽天ポイントの還元率が上がるのでお得になる場合があります。

 

それとキャンペーンが多いのでお得感があります。

 

詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

楽天でんきの特徴

  • 基本料金0円
  • 解約金0円
  • 利用料金の0.5%が楽天ポイントになる
  • 支払いに楽天ポイントが利用できる
  • キャンペーンが多い

 

あしたでんきと比較

僕の契約しているあしたでんきと似たサービスになっています。

 

  • 基本料金0円→同じ
  • 解約金0円→同じ
  • 利用料金の0.5%が楽天ポイントになる→あしたでんきは0
  • 支払いに楽天ポイントが利用できる→なし
  • キャンペーンが多い→楽天の方が豪華

 

料金比較

あしたでんきとの最大の違いは、電気料金価格です。

あしたでんきの方が0.5円安いです。

 

たった0.5円ですが電力会社の違いなんてこれくらいです。

 

関東だと、

楽天でんき:26.50円/kWh

あしたでんき:26.00円/kWh

 

関西だとだと、

楽天でんき:22.50円/kWh

あしたでんき:22.00円/kWh

 

ざっくり、2%くらいの差があります。

 

楽天ポイントを考慮しても大体1.5%くらい違いです。

 

月に666kWh以上使うならあしたでんきで決まり

楽天でんきは大量に使う家庭向けのプランがないのでそういう場合はあしたでんきのたっぷりプランがおすすめです。

 

楽天ユーザーならお得になるかも

楽天でんき加入者は楽天市場での買い物でもらえるポイントが0.5%上がります。

普段の電気代の3倍くらい楽天市場で購入する人にはお得感が出てきます。

 

ちょっとハードル高いですね。。。

 

楽天期間限定ポイントが利用できる

これが最大のメリットではないでしょうか?

楽天の期間限定ポイントを毎月利用できるのはかなりいいと思います。

 

今までいらないものを買っていた人やポイントを捨てていた人にはオススメです。

 

ただ、利用は50ポイントからなので注意してください。

 

入会キャンペーンがお得

2019.11では入会して3ヶ月以上利用すると2000ポイントもらえます。

電気料金はどこの会社でも大幅に変わらないのでキャンペーンの有無は重要です。

 

総合判断

東電や関電より安くなることは間違いないです。

 

ただ、あしたでんきと比較すると楽天市場で月に1万円以上利用している人くらいから検討対象だと思います。それ以外の人でもキャンペーンを考慮すると楽天でんきはありです。

 

まとめ

悪くないサービスですが楽天のエビーユーザー以外は見送りでいいような気がします。楽天が悪いというより他にもっといいサービスがあるということです。

ただ、キャンペーンがお得なので他のところがキャンペーンをしていなければ楽天でんきで決まりですね。楽天の料金プランは決して悪くないですからね。

それより、東電や関電を利用するお得なので乗換えた方がいいと思います。

 

電気料金をお得にする→楽天でんき

コメント