電気代見直し、比較。おすすめの電力会社とは?会社の特徴一覧まとめ

固定費の中でスマホの次に減らしやすいのが電気代です。

電気代もスマホ同様他者にしても困ることが何もないからです。

 

デメリット無しで費用が安くなるので乗り換えない方がもったいないです。

 

ただ、新電力を扱っている会社が多すぎてどこが良いのかわかりにくいと思いますのでいくつか比較してみました。

 

一つ言えるのが、どこの新電力を扱っている会社を選んでも東京電力や関西電力などよりは安くなるということです。

 

スポンサーリンク

東京電力

東京電力のプランを標準としておきます。

 

地域によって、値段は違いますがその分、新電力にも反映されていますので価格差は東電と各社の差は関電と各社、中部電力と各社などのように考えても問題ないです。

 

スタンダードS,L

基本料金(10Aにつき)従量料金(1kWhにつき)
286.0円〜120kWh121〜300kWh301kWh〜
19.88円26.46円30.57円

一般家庭はこの契約かと思います。特に一人暮らしや二人暮らしもこの契約だと思います。

 

プレミアムS,L

基本料金(10Aにつき)電気料金(1kWhにつき)
286.0円定額(〜400kWhまで)400kWh〜
9879.63円29.58円

大家族だとこのプランかと思います。

 

あしたでんき



  • 2種類の料金プラン(標準、たっぷり)
  • 違約金なし
  • 対象外地域:北海道、北陸、四国、沖縄

 

標準プラン

  • 基本料金なし
  • 1kWhあたり26円の完全従属プラン

 

月平均〜125kWhなら一番お得なプランです。

一人暮らしならこのプランで間違い無し!

 

実際に契約しました↓

レビュー!東電からあしたでんきに乗換えて電気料金は安くなったのか?
9月中旬に東京電力からあしたでんきに乗換えました。 1日の料金までわかるのとマイページも見やすのでとても便利です。 もっと早く乗換えたらよかったです。 使ってみた感想と料金を詳しく紹介します...

 

たっぷりプラン

  • 基本料金3000円
  • 1kWhあたり21.5円の従属プラン

 

お得かわかりにくいですが、667kWh以上使うのであれば標準プランよりたっぷりプランの方がお得です。

たっぷりプランはペット飼っていたり大家族向けのプランです。

 

詳しく調べる→あしたでんき

 

HTBエナジー

HTBエナジー

  • 2種類の料金プラン(ウルトラ、プライム)
  • ウルトラは東京電力より5%程度安い料金形態
  • プライムは50A、60A用だが激安
  • 1年以内の解約だと2000円の違約金が発生
  • 対象外地域:離島

 

ウルトラシリーズ

  • 20Aプラン:東電より2%安い
  • 30Aプラン:東電より5%安い
  • 40Aプラン:東電より8%安い

 

どんな使い方をしても東電より安くなります。

 

プライムシリーズ(50A、60A)

  • 基本料金半額
  • 1kWhあたり23.54円の従属料金

 

このプランがとにかく凄い!

40Aで350kWhくらい使うのであれば50Aに上げてプライムプランを利用した方が安くなります。

1000kWhくらいまではプライムシリーズがかなりお得なので大家族には最適のプランです。

逆に1000kWhを超えてくるとあしたでんきのたっぷりプランの方がお得になってきます。

 

3人家族以上ならプライムシリーズで間違いないです。

 

詳しく調べる→HTBエナジー

 

エルピオでんき

  • 豊富な料金プラン
  • 違約金なし
  • 対象外地域:北海道、北陸、沖縄

 

料金プラン

スタンダードプランライト(30Aのみ)

基本料金(30A)従量料金(1kWhにつき)
858円〜120kWh121〜300kWh301kWh〜
21.14円23.03円25.78円

 

東電と比較

基本料金:同じ

〜120kWh:6.3%高い

121〜300kWh:13%安い

301kWh〜:16%安い

 

スタンダードプランS

基本料金従量料金(1kWhにつき)
〜120kWh121〜300kWh301kWh〜
40A:1086円18.84円23.03円25.78円
50A:1344円
60A:1613円18.65円
東電と比較

基本料金:6%くらい安い

〜120kWh:5.3%安い

121〜300kWh:13%安い

301kWh〜:16%安い

 

詳しく調べる→エルピオ電気

 

Looopでんき

  • 1kWhあたり26.4円の完全従属プラン(基本料金0円)
  • 違約金なし
  • 対象外地域:沖縄

 

詳しく調べる→Looopでんき

 

エネオス電気

  • 120kWh以上使う家庭はお得
  • 違約金なし
  • 対象外地域:北海道、北陸、中国、四国、九州、沖縄

 

料金プラン

基本料金(10Aにつき)従量料金(1kWhにつき)
286.0円〜120kWh121〜300kWh301kWh〜
19.88円26.46円30.57円

 

東電と比較

基本料金:同じ

〜120kWh:同じ

121〜300kWh:8.3%安い

301kWh〜:14.3%安い

 

ドリーム電気

  • 東電より5%程度安い
  • 半年に一度、サマージャンボ、年末ジャンボ進呈
  • 違約金なし
  • 対象外地域:北海道、沖縄

 

詳しく調べる→ドリームでんき

 

親指電気

  • 1kWhあたり26.4円の完全従属プラン(基本料金0円)
  • わんにゃんプランあり
  • 違約金なし
  • 対象外地域:北陸、沖縄

 

詳しく調べる→親指でんき

 

楽天電気

  • 1kWhあたり26.5円の完全従属プラン(基本料金0円)
  • 解約金0円
  • 利用料金の0.5%が楽天ポイントになる
  • 楽天市場でのポイントが0.5倍
  • 支払いに楽天ポイントが利用できる
  • 対象外地域:なし

 

特徴を比較しました↓

楽天でんきとあしたでんき比較。どっちがお得?
僕はあしたでんきと契約していますが、似たようなサービスで楽天でんきがあります。 結論から言うとあしたでんきの方が少し安いです。 でも、東電や関電と比べると明らかに安いので検討する価値はあります。 ...

 

詳しく調べる→楽天でんき

 

おうちでんき

  • 東電や関電より従属料金が1%安い(基本料は同じ)
  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーは割引が多い
  • 違約金は540円
  • 対象外地域:なし

 

迷った時のおすすめプラン

1人暮らし〜夫婦2人:あしたでんきの標準プラン

3人以上の家族で50A以上の契約をしている:HTBエナジーのプライムシリーズ

大家族で1ヶ月で1000kWh以上利用:あしたでんきのたっぷりプラン

 

まとめ

新しい会社を発見したら追加して更新していきます。

コメント