調剤薬局に転職後2年経過。転職した理由や失敗、年収など

世界一周から帰国後、調剤薬局に就職し2年が経過しました。

特に仕事にこだわりはなかったのですが、実家が田舎だったので都会で住宅補償が高めのところを探していました。

いくつか転職エージェントに登録し、登録から1ヶ月程度で面接1回で就職先が決まりました。



今の状況

年収500万円程度(残業ほぼなし、家賃負担含まず)

家賃:会社が9割負担(上限額あり)

 

残業もほぼなしで家賃補償も含めると、年収550万円〜600万円程度です。

残業があれば年収600万くらいはあると思いますが、僕は残業が嫌いなのでしないように時間調整しています。

 

家賃に関しては8万数千円のところに自己負担2万円で住んでいます。これが最大のメリットでこれがなければここで働く理由はないです。

 

目的は達成した

僕は株式投資が好きなので継続して行っていますが、世界一周や留学で資金を使い果たしたので資金を集めるのが目的でした。

 

まあ、ミニマリストなので購買欲もなく、出費がある程度予想できるのでお金は貯まります。

 

具体的には2年で1400万円になりました。

 

僕の年収だと貯蓄だけでは無理で、株式投資がないと難しかったと思います。自分では投資で失敗ばかりしていてド下手だと感じていますがお金は増えています。ただ、時間も拘束されるしストレスにもなるのでおすすめはしません。

 

職場環境

1年くらいで小さいところですが薬局長と管理薬剤師を兼務しています。

 

人数が少ないのでシフトも自分で調整できるし、監督もされないので勤務中に株価もチェックできるので個人的には悪くない環境です。

 

でも、僕の店舗ではなく他のエリアで離職者が相次いで採用も進んでいないので職場環境の悪化はあるかもしれません。辞める理由もわかるし、辞めた方がいいと思う人も多いです。

 

頑張っても頑張らなくても給料が変わらないし、本社からの理粉塵な要求も来るので真剣に受け止める人にはつらいのかなあと思います。

 

僕はほとんど無視し、自分が正しいと思うことだけやっているので困らないですが評価されないことに苛立ちを感じている人は多いはず。

 

まあ、いざとなったら転職しようと思っている人は気楽でやる気もないです。

 

やりがいを感じるか?

たぶんほとんどの人がやりがいなんて感じていないと思います。

 

だって、病院ならともかく薬局なんて腐るほどあるのにそこで薬をもらうことに優位性なんてないです。全国どこでももらっても処方箋の内容が同じなら薬は同じです。若干、薬剤師の説明は違うかもしれませんがネットで調べればわかるし何も期待していません。

 

だから、僕は将来自分が経営することも視野に入れてどうやったら売上と利益が上がるかを試行錯誤することでモチベーションを保っています。粗利や販管費を見ていると投資のヒントにもなるので楽しめます。

 

また、株価や経済ニュースなどもチェックしたいので業務を効率化する努力をしています。

 

具体的には、

 

  1. 入店してきた時にこんにちはと挨拶する。(マジで挨拶しない病院、薬局が多いのでこれだけでも高評価されます。バカは許されるが愛想悪いのは最悪です。)
  2. 処方箋は事前に自社のスマホアプリで送信してもらうことで焦らなくて済む。これはリピート率も高く、患者さんの時間効率も良くなるので積極的に患者さんに勧めています。
  3. 長期休みの時はGoogleマップで休日に設定する。休日中も転送設定にしている店舗が多いのですが休日に設定していないと電話をかけてくる人が多いです。
  4. 患者説明を簡潔かつ短時間で。変更点や重要ポイントだけ聞くこと、他は聞きたいことがあれば患者さんが聞いてくるのでそれに答える。
  5. 説明求めない患者や継続の患者には即渡す。
  6. なるべく自分は動かず、指示役に徹する。(←有能と思われたら従ってくれるので勝ち)
  7. 上司には極力連絡しない、必要があるときも電話連絡しないでメールで行う。(電話は時間が拘束されるし、後から確認できないし内容を検索できないので効率が悪い)

 

まだありますが、普通の企業なら当たり前のことが医療業界は遅れているのでこれだけでも従業員から結構驚かれます。

 

だからこそ優位性が発揮できるのですが。

 

僕なんて普通のIT企業にいれば役立たないと思いますが、遅れている業界なら大丈夫。

 

次のステップ

薬局業界や薬局卸業界についてはある程度理解できました。それに処方される薬の特徴についても。

薬に関してはヤクチエという添付文書検索アプリがあれば大抵のことはわかります。添付文書とは薬の説明書のようなものです。

 

薬局卸業界は薬局に納品に来る卸の人と仲良くなったので色々業界の話を聞けるので詳しくなりました。

 

もう少し資金が増えてきたら違う業界に行くのもいいし、勉強期間として休職するのもいいし、やりたいことは多いです。

 

今思うと、留学と世界一周ができた2年間はすごく勉強や体験ができたし人生が豊かになったと感じています。働きながらステップアップできる人もいますが僕はそんな器用じゃないし、没頭すると他のことがどうでもよくなるので1、2年の休職は必然だと思います。

 

まとめ

書きたいことを書きました。

 

最後に僕の使った転職エージェントですが、マイナビ薬剤師です。はっきり言ってどこでもいいです。転職ブログではこのエージェントのことを詳しく書くのですが大差ないのでどこでもいいと思います。あと、ファルマスタッフは定期的に転職情報をくれるので今でも登録して利用しています。その他、薬キャリリクナビ薬剤師は有名どころです。

転職しなくてもいいと思いますが、自分の市場価値を知っておくのは悪いことではないのでそれだけでも利用価値はあるのではないでしょうか。

 

コメント