5万キロ超えの軽自動車をセリで売ってみた(実践編)

スポンサーリンク

当日までに

ガリバーはその後何回か別日に来たいと連絡がありましたが、セリ日以降ならと言うと1週間先しか予約が取れないと言ってきて全然日程の話になりませんでした。

実際、ちょうど1週間先の時間を希望しても他社が同時刻に来るからか来れないという有様。

なんか予約は1週間先までというのは安く買い取るための策略と考えているかもしれませんが、めんどくさい会社だなと思わざるを得なくなりました。

もう連絡してくれなくていいですと何回か思いました。

 

下調べについてはこちら

5万キロ超えの軽自動車をセリで売ってみた(準備編)
きっかけ 留学と世界一周合わせて2年くらい日本を離れるので、車を売却しようと思いました。しかし、無知だとバカみたいな金額で買い取られてしまうのでリサーチしました。 車情報 車種名: トヨタピクシススペースL 色:  ...

 

当日

当日早朝、ユーポスが早めに来たいと連絡がありましたがお断りしました。

 

指定時間前に全ての業者が集まり査定開始。

 

若手2人と中堅1人

 

どの業者も念入りにチェックしスマホで写メを撮影し、それぞれ本部と連絡を取っていました。

 

ビッグモーター以外はセリ前に2人きりで話しをしたいと言ってきましたが、僕が拒否し公開でとお願いしました。

 

どこも希望金額を聞いてきましたが、一番高いところに売りたいと言いました。

 

ユーポスはしつこく二人きりを要求し、本部は売却の平均値を言ってくるが僕はそれを最大限あげる努力をすると大口を叩いていました。

 

本部に情報を送った後、探り合いが始まりました。

 

話し合いが進まなかったので、僕がセリを提案し最低金額40万円を伝えました。

 

どの業者からも「高いな!」の一言

参加できない人は帰ってくださいと伝えました。

 

セリになれば、この3社から決めますとも伝えました。

というよりそうでないと業者も厳しいとのこと。それは僕も分かっていました。

この3社でセリをして、その金額を持って別の業者に行かれると商売にならないですからね。実際それが一番高く売れる方法です。

 

 

どの業者も本部と連絡し、参加するかどうか考えていました。

 

ビッグモーターが降りると宣言し、見学をしたいので残りたいと言ってきたので承諾。

 

タックスは参加すると宣言。

 

あとはユーポス待ちになりました。

 

ここからユーポスの言い訳合戦が開始しました。

正直、35万円くらいの車に40万スタートは厳しいとか。

入札単位は5000円と言うとそれは厳しすぎるとか。

何度も何度もデカイ声で条件を確認してきたり。

最後にはそっちが言えと言ってたので僕が言った最低価格を批判してきたり。

嫌なら参加してくれなくて結構ですと何回か伝えましたが、なかなか参加するかを決めません。

 

結局、参加表明しました。

 

タックスが40万5000円を言った瞬間、ユーポスは降りると宣言しタックスと契約しました。

 

最後にユーポスは、嫌味のように「ありがとうございました」とデカイ声を出して帰りました。

 

ユーポスの担当者は普段は店舗で販売スタッフとして働いていると言っていましたが、こっちの言ったことにすぐにムキになってあれでよく販売ができるなと思いました。

僕の言い方もムカつかせるものだったとは思いますが 笑。

まあ、ユーポス全員が悪いわけでなくその担当者とは性格の不一致でした 笑。

 

タックスとその場で契約し、明日引き取りに来てお金は3日以内に振り込まれることになりました。

 

ここまでで大体1時間くらいでした。

 

正直、セリは失敗です!

これに尽きます。

僕なりに原因を考えてみましたので、今後売却される方は参考にしてください。

 

今回の失敗の原因

田舎すぎて業者が集まらなかった。

最低5社は集めたかったです。それと買取金額の評判が低い大手(今回の場合、ビッグモーターとユーポス)を呼ばざるを得なくなってしまいました。

ビッグモーターは他社との同時刻査定を嫌がり、ユーポスも時間を早めたいと連絡してきました。

そういうところは、やっぱり買取価格も微妙ですので呼ばなくていいと思いました。

 

ライバルを用意できなかった。

正直、タックスはもう少し金額をあげることはできたと思いますが、他社が微妙すぎてセリにならなかったです。

アップルやカーセブンが来れないことが悔やまれます。

 

最低価格を高く設定しすぎた。

35万くらいがちょうどよかった気がします。さらに僕から最低価格を言ってしまったことも問題でした。

やっぱり業者から言わせないといけないですね。

35万ならビッグモーターも参加したいと言っていました 笑。

 

売却地域が変わってしまった。

引越しをしたことによって、見積もりをしてもらった地域より田舎に行ってしまいました。

それと、引越し前の中部地方の方が高く売却できる気がしました。

一括サイトを使ってしまった。

勉強サイトにもあったように一括サイトは悪でしかありません。もちろん手間を省くことには大いに貢献してくれますが、価格上昇には決してなりませんのでご注意ください。

 

一括サイトの問題点

一括サイトに載せる広告料分差し引かれている。
出張費用が差し引かれている。
アフィリエイターが儲けるためだけにゴリ押ししている。

それはアフィリエイターが儲けるためだけであって、利用者にとって有益な情報かどうかは二の次になっている。

 

アフィリエイターとは

一括サイトなどをブログで紹介し、そのブログから一括査定を申し込んでもらうと紹介者に利益が入るというものです。

例えば、楽天オート

これは一括査定を申し込んでもらうと1500円紹介者に入るというものです。これは、売却が条件ではなく査定をしてもらうだけで利益になります。ちなみにハピタスのようなポイントサイトを経由する方がお得なので、利用する方はポイントサイト経由の方がいいです。

こうやってアフィリエイターは生活しているのですが、僕は有益でない情報を勧めるのは嫌なので一括サイトのリンクは載せません。

 

 

今度僕が売却するとしたら

準備編で紹介した最低価格を自分で計算し、店に直接出向き交渉します。

これだと、何店舗かを1日で回れるのと嫌なら契約しなかったらいいだけです。さらに一括サイトの掲載費や出張代を業者が負担しなくていいので買取価格が上がります。

最も重要なのは、最低価格を自分で調べておくことです。

 

間違っても、一括サイトは使わないのと出張査定も頼んではいけないです。

 

まとめ

予想以上に安い価格で売却してしまいました。

セリは買取価格が適正になるのには貢献してくれますが、高値で売るのは厳しいと思いました。

 

さらに精神的に疲れるのでもうしたくないです。

 

最低価格を調べて、買取店で交渉しましょう。

 

 

コメント