エジプト観光の費用やら滞在日数などの情報

マダガスカルからケニア経由でエジプトに来たわけですが、体調不良もあって滞在期間が長くなりました。特にカイロなんて観光だけなら1日か2日あれば十分だと思います。飛行機の都合があるので長くなると思いますが。

 

1 E£=6.3円 くらいです。

 

スポンサーリンク

行った場所

ピラミッド

ルクソール(王家の谷、ルクソール神殿など)

アブ・シンベル神殿

 

費用内訳(8泊9日)

71794円(病院代を含むと76235円)

 

移動費

飛行機(ケニヤ航空)

アンタナナリボ(マダガスカル)→カイロ(ナイロビ経由)

41,565円

 

列車

カイロ→アスワン

300E£(1850円、手数料含む)

 

アスワン→ルクソール

60E£(370円)

 

ルクソール→カイロ

195E£(1200円)

 

ホテル

今回は体調不良だったので全部プライベートルームにしました。

4/26 315E£(1950円、Wake up! Cairo Hostel、カイロ)

4/27 327E£(2022円、Hostgram、カイロ)

4/28 列車泊

4/29 130E£(800円、Queen Nourhan Hotel、アスワン)

4/30 100E£ (600円、Oasis Hotel、ルクソール)

5/1 列車泊

5/2-5/3 590E£(3640円、Hostgram、カイロ)

 

泊まった感想

Hostgram

ここは僕が泊まった時はできたばかりだったのでとても綺麗でした。Wifiも速くてカイロの中では少し高いですがかなりいい宿だと思いました。

 

Wake up! Cairo Hostel

スタッフは親切で良かったですが僕はあまり好きではありませんでした。

 

Queen Nourhan Hotel

Booking.comには載ってなかったですがグーグルマップには載っています。

値段の割に綺麗なホテルでエアコンもついていたので僕は嫌いではなかったです。

 

Oasis Hotel

スタッフが親切すぎてやばいです。ツアーも格安なのに内容は充実しすぎでビビりました。

ただ、エアコンがなかったので暑すぎました。

 

観光費

ツアー

アブシンベル:180E£(1110円、チケット代除く)

王家の谷:180E£(チケット代除く)

 

チケット代(学割を使ったので全て半額で記載しています)

ピラミッド:40E£?(忘れました)

エジプト考古学博物館:60E£

ロイヤル室:75E£

アブシンベル神殿:97.5E£

ルクソール色々:266E£

 

ビザ

25ドル

 

タクシー(ウーバー)

空港から宿(昼) 114E£

宿からギザのピラミッド 63E£

ギザのピラミッドから宿 55E£

宿から空港(早朝) 96E£

宿から駅(2回) 16E£、15E£

駅から宿 12E£

宿から病院(2回往復):28E£、29E£、28E£、27E£

 

病院代

608E£(3750円)

 

その他食費等

7257円

 

滞在日数

僕の滞在日数

マダガスカルでの下痢など体調不良だったため基本はカイロで療養していましたので滞在日数が長くなりましたが、普通はこんなにいりません。

 

4/26 カイロ泊

4/27 病院へ カイロ泊

4/28 エジプト考古学博物館観光 夜行列車でアスワンへ

4/29 アスワン泊

4/30 アブシンベル神殿観光 その後電車でルクソールへ ルクソール泊

5/1 ルクソール観光 夜行列車でカイロへ

5/2 カイロ泊

5/3 ギザのピラミッド観光 カイロ泊

5/4 早朝に飛行機でモロッコのマラケシュへ

 

理想的な滞在日数

6泊7日が理想的かと思います。頑張れば5泊6日も可能かと思いますが飛行機の時間帯だけが問題ですね。

 

1日目:カイロ泊

2日目:午前はピラミッド観光、午後はエジプト考古学博物館観光 夜行列車でアスワンへ

3日目:アスワン泊

4日目:アブシンベル神殿観光 その後電車でルクソールへ ルクソール泊

5日目:ルクソール観光 夜行列車でカイロへ

6日目:カイロ観光 カイロ泊

7日目:帰国

 

まとめ

エジプトの治安が不安かと思いますが、僕の場合は身の危険を感じることはありませんでした。しかし、カイロではクラクションが鳴り続けているし観光客も街中はあまり歩いていませんでした。

エジプトに行きたい気持ちが強くない限りは行かなくていいような気が個人的にはしました。

特にエジプト料理が苦手で苦労しました。

コメント