リオデジャネイロの治安の良い地域、ボタフォゴ(Botafogo)。オススメの安宿紹介

ブラジルのリオデジャネイロに行くときに一番注意するのが治安だと思います。

 

誰に聞いてもリオやサンパウロの治安は悪いと言いますが、特にリオは最悪のようです。

 

ブラジルは貧富の差が激しく、ホームレスも多いですし、特に地域格差が半端ないです。

 

リオだと、大まかに言って海沿いは富裕層が住んでいるので安全、山沿いはファベーラという貧しい層の人たちが住んでいるので治安が悪いです。

 

僕も行く時にかなり調べて治安の良い地域に泊まり、有名観光地(コルコバードのキリスト像、ポン・ヂ・アスーカル)と宿の往復、宿周辺の散策くらいしか出歩きませんでした。

 

宿から地下鉄までをタクシーを使っている人もいるようですが、僕が泊まっていたボタフォゴという地域はみんなスーパーセーフと言っていたのでタクシーは使いませんでした。

 

泊まるところに不安があるのであればボタフォゴをオススメします。

 

 

スポンサーリンク

治安の良い地域

基本的にバスターミナルより南の海沿いです。

 

具体的な地名を挙げると、

 

  • グローリア
  • セントロ
  • ボタフォゴ
  • コパカバーナ
  • イパネマ

 

この中でもボタフォゴは安全だと僕的には思いました。

 

逆にセントロやコパカバーナは昼間はマシかもしれませんが、被害にあった人がいる情報も出てきたので僕は避けました。でも、山沿いの地域よりかはよっぽど安全だと思います。

 

サンタテレサはファベーラ

僕は当初、サンタテレサというところにある宿に泊まろうと思っていましたが詳しく調べてみるとファベーラということがわかりやめました。

 

少し、値段が高くても安全な地域に宿をとった方がいいです。

 

また、ファベーラツアーというのも人気があるようですがそんな危険な地域に行くこと自体観光客には無益だと思うので僕は行きませんでした。

 

やっぱり安全第一を徹底すべきです。

 

ボタフォゴのオススメ安宿『Injoy hostel』

僕はボタフォゴのInjoy Hostelというところに泊まりましたが、綺麗で居心地もよくとても良かったです。

Wifiもそこそこスピードが出ていましたし、キッチンもあります。

スタッフも親切で、ずっと掃除している人もいたりと完璧に近い宿でした。

 

周辺にはスーパーやレストラン、ショッピングモール、屋台など色々揃っていて地下鉄も徒歩5分くらいなのでアクセスも抜群です。

 

唯一の欠点は共有スペースに蚊が多いこと。

 

これだけでした。

 

僕は1泊1300円くらいで3泊しましたが、かなり満足できました。

 

ドミトリーもありますが、プライベートルームもあります。


 

まとめ

僕が泊まったボタフォゴという地域について紹介しました。

やはりリオでは安全を最優先し行動するようにしてお金で安全を買いましょう。

最近、治安の悪い地域にどんな絶景があっても行く意味はないと感じ始めているので行かないのも選択肢の一つだと思います。

リオのオススメの宿→Injoy Hostel

コメント