【LCCの荷物サイズ】40Lのパックパックを空港にある測定ケースに入れてみた

世界一周や海外旅行では必ず乗る飛行機。

長距離移動ならLCCは珍しいですが、短い距離なら基本はLCCを使うと思います。

 

LCCは安いのですが、色々な規定がありこれを守らないと罰金を取られることがあります。

 

その中で重要なのが荷物の大きさや重さです。

 

今回は荷物の大きさについて話したいと思います。

 

各社LCCの荷物サイズについてはこちら↓

LCCに乗る時の注意点、荷物サイズやチェックインなどまとめ
荷物制限やオンラインチェックインなど注意点が多いので各社一覧にしてみました。ライアンエアー 、ブエリング、ウィズエアー、ワオエアー、エアアジアなど

 

スポンサーリンク

僕が使っているのはマウンテントップのバックパック40L

このバックパックをパンパンにした状態でケースに入れてみました。

 

おすすめの理由はこちら↓

世界一周と海外旅行用にマウンテントップのバックパック 40Lを購入したのでレビューします
モンベルのバックパックを買おうか迷いましたが、コスパとサイズが丁度いいマウンテントップにしました。 世界一周に持っていくバックパックは重要なので詳しくレビューします。 値段 普段は5000円くらいみ...

 

主な手荷物サイズ

  • 55cm x 40cm x 25cm
  • 55cm x 40cm x 20cm
  • 45cm x 40cm x 25cm
  • 42cm x 32cm x 25cm
  • 43cm x 25cm x 22cm

 

55cm x 40cm x 25cm

1 cmの誤差はありますが、余裕で入ります。

 

これは小さいスーツケースも可能でバックパックなら余裕です。

これに入らないようなら荷物量を見直した方がいいです。

 

 

採用している主な航空会社

イージージェット(Easy jet、イギリス

トランザヴィア(Transavia、オランダ)

 

 

55cm x 40cm x 20cm

さっきのより幅が5cm小さくなっています。

 

幅に関してはバックパックだと荷物の配置を変えるだけなので問題ないと思います。

 

てか、そこまで厳しく指摘されないです。

 

LCCのほとんどがこのサイズを採用しています。

 

今度写真を撮ってきます。

 

採用している主な航空会社

ライアンエアー(Ryanair、アイルランド)

スカンジナビア航空(幅は23cm、Scandinavian Air、北欧

オリンピックエアー(幅は23cm、Olympic Air、ギリシャ)

ノルウェーエアシャトル(Norwegian Air Shuttle、ノルウェー)

ブエリング(Vueling、スペイン)

ウィズエアー(Wizz Air、ハンガリー)

イースタージェット(EasterJet、韓国)

エアアラビア(Airarabia、アラブ)

ペガサスエアー(Pegasus、トルコ)

 

56cm x 36cm x 23cm

写真を撮り忘れましたが、入りました。

 

採用している主な航空会社

エアアジア(Air asia、マレーシア

 

 

45cm x 40cm x 25cm

これも意外と入ります。

高さが若干オーバーしてるように見えますがこれくらいなら全く問題なし。

押し込めばわからないですからね。

 

42cm x 32cm x 25cm

今までのサイズより小さいので高さがはみ出ていますね。

 

でも、結論から言うと僕のバックパックだと問題なく通れました。

 

もちろん、チェックインカウンターに行けば指摘される可能性があるのでオンラインチェックインでスマホを使って直接ゲートに行っています。

でも、帰りの航空券の確認で止められましたが荷物に関して指摘されることはありませんでした。

 

採用している主な航空会社

ワオエアー(WOW Air、アイスランド)

 

43cm x 25cm x 22cm

ユナイテッド航空のベーシックエコノミーが採用しているサイズです。

スーツケースはもちろん不可。

 

でも、40Lのバックパックなら可能でした。

 

ユナイテッド航空のベーシックエコノミーだと荷物チェックがあるのでオンラインチェックインができず、チェックインカウンターかセルフチェックインを空港でしないといけません。

 

画像を撮り忘れましたがケースには入り切っていませんでした。

 

でも幅的に入りそうだったので、服を着るから入ると主張すると許してくれました。

 

搭乗ゲートで指摘されることもありませんでした。

 

まあ、ユナイテッド航空の場合、ゲートで指摘されても25ドルで預け荷物にしても25ドルだったので指摘されたら罰金を払う気でいましたが。

 

採用している主な航空会社

ユナイテッド航空(United Airline)のベーシックエコノミー

 

 

みんなが厳しいと思っているライアンエアー

なんでみんながライアンエアーが厳しいと思っているか僕には不明です。

 

荷物サイズ(55cm x 40cm x 20cm)は一般的なサイズだし、重量も10キロまで許されているのでLCCにしては甘々です。

さらに荷物が2つまで認められています。

 

ビザチェックやオンラインチェックイン、ボーディングパスの印刷など他にもルールはありますが10回以上乗って引っかかったことは一度もありません。

 

ルールを知って入ればこれほど安く、荷物の規定も普通だしかなり使いやすい航空会社だと思うんですけどね。

 

まあ、一般のレガシーと比較してライアンエアーは最悪だっとブログで紹介している人がいますがそもそも料金設定が違いすぎるので比べるなんてできないです。

 

文句があるんならLCCには乗らない方がいいですね。

 

アイルランドに留学している友達も甘々と良く言っていました。

 

ただし、労働環境は良くないようなので安全性については問題点があるようです。

 

バックパックなら荷物サイズは気にしなくていい?

少なくとも僕の40Lのサイズなら気にしなくていいです。

というか、明らかにサイズオーバーしていてもバックパックの人が指摘されているのを見たことがありません。

 

まあ、70Lとか巨大なサイズは論外だと思いますが40Lのサイズなら服を着るなりすればサイズの変更は容易なので職員は指摘してこないのだと思います。

 

あくまで僕の個人的な感想ですが、これまで30回以上LCCに乗りましたが指摘されたことは一度もありませんでした。

まとめ

僕の持っているマウンテントップのバックパックなら全部追加料金なしでいけました。

間違いなくオススメのバックパックです。

 

WOW airやユナイテッド航空の荷物サイズの時はチェックされないかビビりましたが、指摘されませんでした。

 

僕が使っているマウンテントップのバックパック↓

コメント